インポートサブメニュー

MusicXMLデジタル楽譜を交換するための標準のオープンフォーマットです。MusicXMLを利用することにより、インターネット上で楽譜を公開したり、異なる楽譜作成ソフトを使用するユーザー間で共同作業することが可能になります。ファイルをインポートには、このサブメニューを使います。

  • MusicXML このコマンドを選択すると〔開く〕ダイアログボックスが開き、インポートするMusicXMLファイルを選択できます。

    MusicXMLファイルをFinaleにドラッグ&ドロップして読み込むこともできます。

  • MusicXMLファイルの一括変換 複数のMusicXMLファイルをFinaleファイル形式で保存します。

    この一括ルーチンを実行した場合、対象ディレクトリに既に存在する同名のファイルは上書きされます。

  • MusicXML初期設定 MusicXMLファイルのインポートの方法を設定します。このコマンドを選択すると〔MusicXML 初期設定〕ダイアログボックスが表示されます。

    MusicXML 3.1、MusicXML 3.0、MusicXML 2.0、MusicXML 1.1、MusicXML 1.0のファイルをFinaleにインポートできます。

関連トピック:

エクスポートサブメニュー

楽譜の交換や共有

Sibeliusファイルをコンバートする

ファイルメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks