現在地: 各機能について > パーカッションMIDIマップ > TapSpace Virtual Drumline

パーカッションMIDIマップ:Tapspace Drumline for Finale

Finaleは、100以上のTapspace Virtual Drumline音色を収録したライブラリを同梱しています。すでに作成した五線にVDL音源を割り当てるには、まず、五線に設定されているチャンネル番号をスコア・マネージャーで確認します。次に、ARIA Playerを開き、対象のチャンネルにTapspace音源を読み込みます。Aria Playerを閉じて、対象の五線にパーカッション・レイアウトを設定します。Finaleには、Tapspace音源用に作成されたパーカッション・レイアウトが付属しています(〔パーカッション・レイアウトの選択〕ダイアログボックスで選択できます)。〔パーカッション・レイアウト設計〕ダイアログボックスを開くと、楽器タイプと符頭の対応を確認できます。

この一覧表を使って入力、プレイバックする方法については、パーカッションをご参照ください。MIDIノート番号とキーボードのピッチ名の対応を確認するには、MIDIノート番号とピッチ名の対応表をご覧ください。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks