Finaleライブラリ

Finaleには、楽譜要素(発想記号、コード・サフィックスなど)をグループ化し再利用可能にしたライブラリが用意されています。Finaleのインストール先ディレクトリに基本的なライブラリ集が保存されています(Finaleインストール先フォルダの詳細を参照)。インストール済みの各種ライブラリを利用してFinaleファイルを作成することができます。さらに、頻繁に使用する項目を独自のライブラリとして保存することもできます(ファイル設定の再利用参照)。ライブラリに保存できる楽譜要素の詳細は、ライブラリを保存ダイアログボックスをご参照ください。同じライブラリファイルにある任意の数の楽譜要素を組み合わせて使用できます。

複数のファイル別オプションをまとめて別のファイルに適用したり、ファイル別オプション一式を1つのファイルから他の多くのファイルに移動したりできます。方法は以下のとおりです。自分の目的に合った方法を使用してください。〔ファイル別オプション〕ダイアログボックスの一部の設定を移動するには、ファイル設定ライブラリを使います。ファイル別オプション、ページフォーマットなどの設定一式(ハウススタイル)を多くのファイルに移動するには、〔FinaleScript〕プラグインを使います。

Finaleに付属しているライブラリ

Broadway Copyist Font

Chord Suffixes(コード関連)

Default Libraries

Engraver Font

Jazz Font

Maestro Font

その他

音符のスペーシング

Petrucci Font

図形

Tablature(タブ譜用)

Handwritten Default(手書き譜用統合)

このライブラリには、手書き譜用デフォルトファイル(Broadway Copyistフォント)で使われる記号一式が含まれています。

Jazz Font Default(Jazzフォント統合)

このライブラリには、Jazzデフォルトファイルで使われる記号一式が含まれています。

Maestro Font Default(Maestroフォント統合)

このライブラリには、Maestroデフォルトファイルで使われる記号一式が含まれています。

Percussion Layouts(パーカッションレイアウト)

このライブラリには、パーカッション・レイアウト(デフォルトおよびユーザー作成のレイアウト)が含まれています。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks