楽譜スタイル

大部分の楽譜スタイルは、互いに重ね合わせることができますが(1小節の繰り返し表記+サックスの移調設定など)、いくつかのスタイルは互いに競合します(1小節の繰り返し表記+空白の小節など)。このような競合が生じるときは、楽譜スタイルの適用やコピーの際に警告が表示されます。ただし、重ね合わせたスタイルをユーザーが編集した結果、競合が生じる場合には、警告は表示されません。

特定の五線全体に適用される設定を指定するのは簡単ですが、ある五線の特定範囲にだけ別の設定を適用する必要が生じることもあります。例えば、特定範囲のみ五線の線数や記譜スタイルを変更する場合などです。このようなとき、Finaleの楽譜スタイル機能を使用すると便利です。

楽譜スタイルとは、特定の領域に限定して適用される五線の属性のことです。同じスタイルを使用した箇所には、同じ五線属性が適用されます。楽譜スタイルの定義が変わると、ファイル内でその楽譜スタイルが適用されているすべての場所で変更が反映されます。デフォルトの新規ファイルを作成するかセットアップ・ウィザードから新規作成すれば、あらかじめ設定されている多くの楽譜スタイルを使用できます。

コンピュータのキーボードを使って素早く楽譜スタイルを適用する方法については、楽譜スタイルのマクロ機能をご参照ください。

リンクしたパート譜の楽譜スタイルは、ある一定の動作に従います。詳しくは、リンクしたパート譜の楽譜スタイルをご参照ください。

関連トピック:

五線を隠す

スラッシュ

オシア

五線の切り取り

前置き小節

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks