スラッシュ表記

即興による伴奏を表すスラッシュ(斜線記号)には2通りの表記方法があります。リズムの詳細を指定せずに、「即興による伴奏」であることを表示したい場合は、拍子記号で設定された拍の位置に符頭の無いスラッシュを自動的に表示することができます(例えば1小節にスラッシュを4個表示します)。伴奏にリズムの詳細を指定したい場合は、スラッシュに符尾や連桁を表示することができます。

標準的な音符とスラッシュを混在させて表示することや、それぞれの符頭を個別にスラッシュに変更することも可能です(ギターパートを参照)。スラッシュ表記の五線にガイド音符を表示する方法については、「スラッシュ表記の五線にガイド音符を表示するには」「リズムが併記されたスラッシュ表記をおこなうには」をご参照ください。

伴奏のためのスラッシュを作成するには

  1. テンポ・ツールiconをクリックして、スラッシュを表示したい小節を選択します。選択方法については楽譜の選択をご参照ください。
  2. 〔五線〕メニューの〔楽譜スタイルの適用〕から〔スコア譜とパート譜〕(または〔編集中のパート譜/スコア譜〕)を選択します。〔楽譜スタイル適用〕ダイアログボックスが表示されます。または、選択範囲内でOPTIONクリックして、コンテクストメニューから〔楽譜スタイルの適用〕を選択します。〔楽譜スタイル適用〕ダイアログボックスが表示されます。
  3. 楽譜スタイルを選択します。
    • 〔スラッシュ表記〕はすべての音符を隠して、等間隔で並べられたスラッシュ・マークと置き換えます。スラッシュマークの数は、拍子の設定(拍子の分母の部分)により変化します。
    • 〔リズム表記〕は、音符をそのままのリズムで符尾や連桁のついたスラッシュ音符に変更します。スラッシュの符頭はすべて第3線(五線の中央)に揃えられます。
  4. 〔OK〕をクリックします。すべての選択範囲に入力された音符は非表示となり、スラッシュが代わりに表示されます。元の表記に戻したい場合は、小節を再度選択して〔五線〕メニューの〔楽譜スタイルの解除〕からスコア譜/パート譜のオプションを選択します。

関連トピック:

楽譜スタイル

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標