現在地: 機能マニュアル > メニュー > Finale メニュー

Finale メニュー

展開表示したFinaleメニュー

【このメニューを表示するには】

Finale メニューは、Finaleの固定メニューです。どのツールを選択していても表示されています。

【機能について】

このメニューには、プログラム全体やファイルごとの設定を行うコマンドが用意されています。

  • Finaleについて このコマンドを選択すると〔Finale version 26.2について〕ダイアログボックスが開き、Finaleのバージョン番号、シリアル番号、PC識別番号などの情報が表示されます。PC識別番号は、ライセンス認証された各コンピュータに固有の番号です。ライセンス認証を管理する際にコンピュータを識別しやすくします。
  • 環境設定 このコマンドを選択すると、〔環境設定〕ダイアログボックスが開き、Finaleアプリケーション全般の動作を設定できます。
  • アップデートの自動確認 このオプションを選択しておくと、アップデートの確認が定期的に自動で行われます。アップデート内容には、機能の追加や不具合対処が含まれます。アップデートが存在する場合、次にFinaleを起動したときにダイアログボックスで通知されます。
  • アップデートの確認 アップデートを有無を手動で確認するには、このオプションを選択してください。
  • 計測単位 このサブメニューでは、Finaleの各種ダイアログボックスで行う手動のスペーシング調整に適用する計測単位を選択します。計測単位サブメニューをご参照ください。
  • 異名同音の表記 このサブメニューでは、MIDI(MIDIを使った高速入力リアルタイム入力など)またはFinaleの採譜の再実行コマンド(MIDIファイル入力採譜の再実行、〔ユーティリティ〕メニューの他の項目(和音へ集約和音の分散異名同音の再表記)など)を使って音符の入力する際の、半音階の表記方法について設定します。異名同音の表記サブメニューをご参照ください。
  • サービス このメニュー項目はFinale固有のものではなく、お使いのコンピュータ環境で使用可能なサービスによって内容が異なります。詳しくは、お使いのコンピュータに付属のマニュアル、もしくは実行するサービス内から閲覧可能な文書をご参照ください。
  • Finale を隠す  このAppleコマンドは、画面に表示されているFinale のすべてのウィンドウとダイアログボックスを非表示にします。
  • ほかを隠す このAppleコマンドは、画面に表示されているFinale 以外のすべてのアプリケーションを非表示にします。
  • すべてを表示 Finaleまたは他のアプリケーションウインドウをすでに画面で非表示にしている場合、このコマンドを選択すると、すべて表示されます。
  • Finale の終了 このコマンドを実行するとFinale が終了します。変更保存を促すメッセージの後、開いているファイルすべてが自動的に閉じます。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標