MIDIファイル

Finaleは、スタンダードMIDIファイルの読み込み/書き出しができます。スタンダードMIDIファイルとは、大部分のシーケンサー・アプリケーションを含む、様々なメーカーの音楽ソフトウェアや違うメーカーのコンピューターでも認識できるファイル形式です。シーケンサーを使用して作曲をする場合も、作品をスタンダードMIDIファイルで保存して、Finaleにそれを採譜させることができます。

MIDIファイルを保存する際には、Finaleは(スコア・マネージャー上での)楽器の名前をトラックの名前として保存します。MIDIファイルを開く際には、トラック名が楽器名として使われます。インポートしたMIDIファイルに対しては、〔環境設定-新規〕ダイアログボックスで指定されているデフォルトファイルの設定が使用されます。

MIDIファイルをインポートするには

シーケンサーの手順に従って、MIDIファイルを作成してください。シーケンサー側でクォンタイズをかける必要はありません。採譜の際にはシーケンサーのクォンタイズよりもFinaleのクォンタイズのほうがより効果的です。

概要を動画でご覧いただけます。クイックスタートビデオ:音楽ファイルをインポートする

  1. 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。〔開く〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 〔ファイルの種類〕 ポップアップ メニューから、〔スタンダードMIDIファイルを選択します。
  3. 開きたいファイルの名前をダブルクリックします。〔MIDIファイル入力オプション〕ダイアログボックスが開き、いくつかの採譜オプションを選択できます。
  4. MIDIファイルのトラックをFinaleの五線に変換する方法を指定します。
    • 〔トラックを五線に割り当てる〕を選択すると、シーケンサーの各トラックがFinaleの五線に変換されます。
    • 〔チャンネルを五線に割り当てる〕を選択すると、各MIDIチャンネルの内容が(トラックの割り当てに関係なく)Finaleの五線に変換されます。

    いずれの場合も、Finaleはそれぞれの変換された五線の音部記号をそのトラックが含む音域によって判断して表示します。トラックに含まれる音域が非常に広い場合、そのトラックは自動的に2つの五線に変換されますトラックとチャンネルの変換をより細かく指定したい場合は、〔特殊な割り当て〕を選択して〔トラック/チャンネルから五線への割り当て〕ダイアログボックスを開き、トラックとチャンネルの分割方法について詳細に設定することができます。

  5. 〔クォンタイズ設定〕をクリックします。〔クォンタイズ設定〕ダイアログボックスが表示されます。
  6. これから採譜する楽譜に出てくる、最も短い音符のアイコンをクリックします。
  7. クォンタイズのタイプを選択します。
  8. 〔詳細設定〕をクリックします。〔クォンタイズ詳細設定〕ダイアログボックスで設定します。
  9. クォンタイズのオプションを選択します。装飾音と複数の声部のオプション、また、キー・ベロシティとデュレーションを維持するオプションをなどを選択することができます。
  10. 調号と拍子記号のオプションを選択します。多くの場合、MIDIファイルには調号と拍子記号の情報がすでに含まれていますので、通常はFinaleのデフォルトの設定を変更する必要はありません。
  11. MIDIデータに含まれるテンポの変化や(コントローラーやホイールなどの)連続するデータをFinaleのファイルでも再現させたい場合は、〔テンポ・チェンジ〕〔連続的データ〕を選択するようにしてください。これらのオプションはシーケンスのMIDI演奏データを音データと一緒に取り込みます。
  12. 〔OK〕をクリックします(またはRETURNを押します)。MIDIファイルが読み込まれて楽譜として表記されます。

    設定を変えて再実行したい場合は、変換後のFinaleのファイルを閉じて変換を再実行することができます。Finaleによる変換によって元のMIDIファイルに変更が加えられることはありません。あるいは、楽曲の一部のみを読み込み直したい場合は「採譜の再実行」機能を使用してください。

ファイルの内容をMIDIファイルとして出力するには

  1. Finaleのファイルを作成します。テンポ・チェンジ(テンポ・トラックなどをサポートしているシーケンサーで有効)、ダイナミクス、ピッチ・ホイール・データ、MIDIチャンネルの割り当てのほか、プレイバックコントローラーで設定したHumanPlayback設定など、いずれの再生データもMIDIファイルに保存されます。特定の範囲だけをエクスポートする場合は、 プレイバック・コントローラー〔MIDI/オーディオファイルの保存時にも指定範囲を適用する〕を選択し、この項目の上にあるオプションでエクスポート範囲を指定します。

    〔プレイバック・オプション〕ダイアログボックス(〔ウィンドウ〕メニューの〔プレイバック・コントローラー〕を選択し、拡大ボタンをクリックして開いた画面で〔プレイバック・オプション〕をクリック)で、その他のプレイバックのオプションを設定してください。なお、MIDIファイルの出力の際には、テキストやレイアウトは保存されません。

  2. それぞれの変換されたシーケンサー・トラックに対して楽器が正しく割り当てられているか確認してください。

    FinaleはMIDIファイルを作成する際に、スコア・マネージャーで割り当てられたそれぞれの楽器をそれぞれのシーケンサートラックに配置します。楽器の構成が変換されたトラックと同じ様に設定されているかを確認してください。詳しい手順についてはMIDIチャンネルをご参照ください。

  3. 〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕からMIDIファイル〕を選択します。〔スタンダードMIDIファイルとして保存〕ダイアログボックスが表示されます。
  4. テキストボックスにファイル名を入力します。
  5. 〔保存〕をクリックします(またはRETURNキーを押します)。
  6. オプションを選択して〔OK〕をクリックします。
    • 複数トラックの場合は〔フォーマット1〕を選択します。フォーマット1が最も一般的なフォーマットです。
    • 単一のマルチチャンネルトラックの場合は〔フォーマット0〕を選択します。
    • 〔テンポマップ〕を選択するとテンポマップファイルが別に作成されます。いくつかの高機能シーケンサープログラムでは、リタルダンド、アッチェレランドなどのテンポ変化を読み込むことができます。

    また、Finaleで作成した付箋をMIDIファイルのシーケンサー・マーカーに変換するかを選択します。

  7. 〔OK〕をクリックします。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks