環境設定ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  • を選択します。

または

【機能について】

Finaleをバージョンアップする場合、Finaleの環境設定は新バージョンにコピーされません。設定を新バージョンに移行する方法については、「各種設定とサポートファイルを新バージョンに移行するには」をご参照ください。

〔環境設定〕ダイアログボックスでは、Finaleのプログラム全体の環境設定を調整します。左の欄からカテゴリを選択すると、それに対応する各種オプションがダイアログボックスの右側に表示されます。例えばカテゴリの〔保存と印刷〕を選択すると、Finaleの終了時に環境設定を自動保存するか(それとも〔環境設定の保存〕を選択したときだけ保存するか)などを指定できます。〔適用〕ボタンをクリックすると、各カテゴリの設定が反映されるので、その都度ダイアログボックスを閉じる必要はありません。このダイアログボックスの設定は、(ユーザーのプレファレンスフォルダ内のcom.makemusic.Finale.plistファイルに保存されます。

  • すべての環境設定をリセット・適用・キャンセル・OK 〔すべての環境設定をリセット〕をクリックすると、Finaleの環境設定が初期状態に戻ります。〔OK〕をクリックすると、新しい設定内容を保存して楽譜上に戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると、適用していない変更を保存するか破棄するかを尋ねられます。〔適用〕をクリックすると設定した内容が楽譜上に適用されますが、ダイアログボックスは開いたままになります。
環境設定-新規 ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

を選択して、〔新規〕を選択します。

【機能について】

〔環境設定〕ダイアログボックスで〔新規〕を選択すると、新規ファイルを作成する際の動作についてのオプションを選択できます。デフォルトファイルの名前を変更したり、新規ファイルの作成方法を選択したり、新しいファイルを開いたときのウィンドウの表示方法などを選択できます。

  • デフォルトファイルの名前: デフォルトファイルとして使用したいテンプレートのファイル名を入力します。〔ファイル〕メニューの〔新規作成〕から〔デフォルトの新規ファイル〕を選択するか、MusicXMLファイルをインポートまたはMIDIファイルを開く操作により、Finaleファイルを作成するとき、デフォルトファイルが使用されます。
  • ウィンドウを開いた時の設定:セットアップウィザードを使用・デフォルトファイルを使用 新規ファイルのキーボード・ショートカット(+N)を使用したときの動作方法を選択します。
  • 起動時の動作:起動パネル・ファイルセットアップウィザード・新規デフォルトファイル・テンプレートを使った新規ファイル・ファイルを開く・なにもしない 起動時に〔ファイル〕>〔新規作成〕サブメニューの中のどの動作をおこなうかを選択してください。〔ファイル・セットアップウィザード〕を選択すると、Finaleの起動時にセットアップ・ウィザードが起動します。〔新規デフォルトファイル〕を選択すると、選択されているデフォルトファイルを元にした新規ファイルが起動時に作成されます。〔テンプレートを使った新規ファイル〕を選択すると、テンプレートファイルの選択画面が表示され、それを元に新規ファイルが作成されます。〔ファイルを開く〕を選択すると、ダイアログボックスが表示され、既存のファイルを開くことができます。〔なにもしない〕を選択すると、起動時にはファイルを開きません。
  • テンプレートから新規作成する際にセットアップウィザードを使用する このボックスにチェックを入れると、テンプレートファイルを開く際に、セットアップ・ウィザードの〔曲情報〕と〔曲の設定〕ページが表示されます。チェックを外した場合は、これらのページは表示されず、そのままテンプレートを元にした空のファイルが開きます。
  • 表示倍率 新規ファイルを開いた時のウィンドウの表示倍率をパーセント値で指定します。
  • 表示モード:スクロール表示・ページ表示・表示方法・スタジオ表示 新規ファイルを開いた時のウィンドウの表示モードを、スクロール表示、ページ表示、スタジオ表示から選択します。〔表示方法〕では、ページ表示のオプションを選択できます。表示方法サブメニューをご参照ください。
  • 定規 このオプションを選択すると、新しく開くウィンドウのページ表示時に定規が表示されます。この設定は〔表示〕メニューの〔定規を表示〕の選択の初期設定となります。〔表示〕メニューの〔定規を表示〕コマンドを使用すると、ここでの設定に関わりなく定規の表示/非表示を個別に切り替えることができます。
  • 小節番号バーを表示 このオプションを選択すると、スクロール表示スタジオ表示時の画面上部に小節番号バーが表示されます。小節番号バーに表示される小節番号は、〔環境設定-表示〕ダイアログボックスの設定に準拠します。
  • メッセージ・バー 楽譜の下部に、現在使用中の機能とその使用方法に関する簡単なヒントを示す情報バーを表示することができます。
環境設定-開く ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

を選択して、〔開く〕を選択します。

【機能について】

〔開く〕欄では、Finaleが様々なファイルを開くときの動作に関するオプションを設定します。

  • 旧バージョンのファイルを「名称未設定」として開く このオプションはデフォルトで選択されています。このオプションが選択されている場合、Finaleは古いバージョンのFinaleで作成されたファイルを名称未設定のファイルとして開き、保存する前には名前を入力する必要があります。この操作により、不意に古いファイルを上書きすることを防止し、古いバージョンのFinaleでの読み取りができなくなることを防止します。
  • 旧バージョンのファイルはHuman Playbackスタイルをスタンダードに設定 このオプションを選択すると、旧バージョンのFinale(Finale2003以前)で作成されたファイルを開いたとき、Human Playback機能が自動的に有効になります。詳しくはプレイバック設定ダイアログボックスをご参照ください。
  • より最新バージョンで保存されたファイルを開く際に警告を出すこのチェックボックスを選択した場合、バージョンの新しいFinaleで作成されたファイルを旧バージョンで開くとき、〔互換性に関する警告〕ダイアログボックスが表示されます。
  • つねに削除した項目の完全破棄をおこなう・作業内容を表示する 〔つねに削除した項目の完全破棄をおこなう〕にチェックを付けると、ファイルを開くときにFinaleのファイル・メンテナンス(削除項目の完全破棄を含む)がおこなわれます。ファイル・メンテナンスダイアログボックスをご参照ください。〔作業内容を表示する〕にチェックを付けておくと、処理の完了時に〔削除された項目〕ダイアログボックスが表示されます。削除された項目ダイアログボックスをご参照ください。
  • 他のOSからのファイルの欧文特殊文字を自動的にコンバート・作業内容を表示する 〔他のOSからのファイルの欧文特殊文字を自動的にコンバート〕にチェックを付けると、“e”や“o”などの非英語圏の文字や固定スペースなどのASCIIコードの後半に割り当てられている特殊なキャラクタを、お使いのシステム上で正しく取り扱うことができるように、Finaleが自動的に変換します。自動変換に失敗した場合は、問題があるキャラクタを“?”記号で表示します。また、Finaleはテキストフォントのみをチェックします。MacSymbolFonts.txtファイルで定義されている記譜フォントあるいはシンボルフォントは、チェックの対象にはなりません。MacSymbolFonts.txtファイルの構成をご参照ください。〔作業内容を表示する〕にチェックを付けると、チェックされたテキスト項目、変換された項目、その他変換時の作業内容などの一覧が表示されます。

    注:このコンバートを実行すると、発想記号の注釈や楽譜スタイル名に使用されている日本語が文字化けします。ファイルにウムラウトなどの文字が使用されていない場合は選択しないでください。

  • シンボルフォント・リストをファイルに自動的に適用 このオプションを選択すると、開いたファイルに使われているフォントがシンボルフォント・リストにない場合に、シンボルフォント・リストが自動的に適用されます。フォントをシンボルフォント・リストに追加する方法については、MacSymbolFonts.txtの構成をご参照ください。
  • 旧ファイルのタイのコンバート:PostScript表示優先・画面表示優先・コンバートの度に尋ねる これらのオプションは、Finale 3.7以前のファイルを変換するとき、タイをどのように扱うかを定義するのに使用されます。Finale 3.7以前のバージョンでは、タイは、PostScriptプリンタで印刷された時と画面上では違った形で表示されていました。Finale 97以降のバージョンではこの違いはなくなりましたが、古いファイルを開く場合、画面上での表示を優先するか、PostScript表示を優先するかのどちらかの方法で変換されます。〔コンバートの度に尋ねる〕チェックボックスを選択すると、旧ファイルの変換時にタイの変換方法について確認することができます。
  • 隠された音符のコンバート:表示する・隠したまま・コンバートの度に尋ねる Finale 2010以前のバージョンからコンバートしたファイルを開くとき、組段の最適化により非表示にされた音符を含む五線を表示するかどうかを指定します。音符を隠す目的で意図的に組段が最適化されているのでなければ、このオプションを選択してください。音符を隠したままにしたい場合は、〔隠したまま〕を選択してください(一般に、音符を表示せずにプレイバック効果をかける目的で音符を非表示にします)。このオプションを選択した場合は、旧バージョンで組段の最適化により隠された五線に対して、楽譜スタイルが自動的に適用されます。このオプションを選択した状態で楽譜ファイルを開き、スクロール表示にすると、隠されていた小節が表示されます。スクロール表示にして五線ツールを選択すると、隠れている小節の上に楽譜スタイルの明示部分が表示されます。楽譜スタイル名が表示されていなければ、〔五線〕メニューから〔楽譜スタイル名の表示〕を選択してください。自動的に隠された小節には、楽譜スタイル名「隠された五線(コンバート時に自動作成」が表示されます。〔コンバートの度に尋ねる〕にチェックが付いている場合、隠された五線に音符が存在する旧バージョンのファイルをコンバートするときに〔隠された音符の処理〕ダイアログボックスが表示されます。
  • アーティキュレーションのコンバート:最適化する・元の配置を保持・コンバートの度に尋ねる Finale v26から、アーティキュレーションの自動積み重ねと配置最適化機能が導入されました。ここでは、旧バージョンで作成されたファイルを開くときのFinaleの動作を設定します。〔最適化〕は、アーティキュレーションの手動配置を解除してアーティキュレーションを自動でアップデートします。〔元の配置を保持〕は、アーティキュレーションの手動配置を保持します。その場合でも、〔割り付けたアーティキュレーションの変更〕ダイアログボックスでいつでも変更ができます。〔コンバートの度に尋ねる〕を選択した場合、Finale v26より前のバージョンで作成されたファイルを開くときは必ず〔アーティキュレーション配置のアップデート〕ダイアログボックスが表示されます。このオプションを選択しない場合、上の〔アーティキュレーションのコンバート〕の設定に従ってアーティキュレーションが自動で処理されます。
環境設定-保存 ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

を選択して、〔保存〕を選択します。

【機能について】

ここでは、Finaleにファイルを定期的に保存させたり、ファイルを保存する際にバックアップを作成させたり、Finaleの終了時に環境設定を保存させるかどうかを選択します。

  • バックアップファイルを__分ごとに作成 作業中のファイルをハード・ディスクに保存するのを忘れてしまいがちな場合は、Finaleの自動保存機能を使うと便利です。この機能が有効になっていると、Finaleは複製されたファイル(現在作業中のファイルとは別のファイル)を一定の間隔で更新します。複製されたファイルは、〔環境設定-フォルダ〕ダイアログボックスで指定されたフォルダに保存されます。自動保存ファイルを作成する場合は、作業ファイルの複製ファイルの更新頻度をテキストボックスに分単位で指定し、このチェックボックスを選択してください。指定した時間ごとにFinaleがファイルを保存します(ただし、この機能ではFinaleの終了時にファイルの保存はおこなわれません。Finaleを終了するときには、必ず手動で保存するようにしてください)。ファイルを保存するとき、すでに自動保存されているファイルは自動的に削除されます。
  • ファイルを保存する時にバックアップを作成 このオプションが選択されている場合、Finale は〔環境設定-フォルダ〕ダイアログボックスで指定されたバックアップフォルダに、ファイルのバックアップを自動的に保存します。フォルダが指定されていない場合は、オリジナルのファイルと同じフォルダにバックアップファイルが保存されます。ファイルを保存するたびに、前のバージョンのファイルが バックアップとして保存されます。したがって、バックアップはつねに作業中のファイルの1つ前の状態のファイルということになります。初めてファイルを保存するときには、バックアップは作成されません。また、ファイルを別名で保存したときもバックアップは作成されません。
環境設定-Human Playback ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  • を選択して、〔Human Playback〕を選択します。

または

  1. 〔ウィンドウ〕メニューから〔プレイバック・コントローラー〕を選択します。
  2. プレイバック・コントローラーにあるボタンをクリックします。
  3. 〔HP初期設定〕をクリックします。

または

  1. を選択して、五線上の範囲を選択します。
  2. 〔MIDIツール〕メニューから〔Human Playbackの部分適用〕を選択します。
  3. 〔HP初期設定〕をクリックします。

【機能について】

このダイアログボックスでは、Human Playback機能による楽譜の解釈について細かく設定します。楽譜に明示されている奏法表記(ミュートの種類、運弓法など)だけでなく、非常に微妙なニュアンスもこのダイアログボックスで設定できます。オーケストラのリハーサルに例えると、このダイアログボックスの設定は、指揮者がパート譜にメモする指示に似た働きをします。例えば、フェルマータへのアプローチの仕方や、強弱記号の表現の仕方などを指定します。このダイアログボックスで設定しておけば、手動で設定したMIDIデータも、Human Playback機能の解釈に加味して演奏することができます。

このダイアログボックスの設定はプログラム全体に適用されますが、設定を保存して特定のファイルに添付することもできます。また、設定を別のファイルに移すこともできます。

  • プレイバック時に一時的に発想記号位置を調整 このボックスにチェックを付けると、Human Playback機能を使ってプレイバック処理するとき、楽譜項目の横方向の位置が自動的に調整されます。プレイバックが終わると、発想記号などの楽譜項目が元の位置に戻ります。
  • Human Playback初期設定セットの管理 Human Playback初期設定は、デフォルトの状態で、ソフトシンセ、Garritan Instruments for Finale、Jazz & Big Band (JABB)を含むGarritan製品、Marching Band等の音源による再生を操作することができます。
    • 現在のセット 現在のHuman Playback 初期設定のセット名が表示されています。HP初期設定のセットとは、このダイアログボックスの全ページの設定を1つにまとめたものです(〔ファイル別オプション〕ダイアログボックスの設定に似ています)。選択可能なセットの一覧がに表示されます。
    • 名前 このテキストボックスを使って、現在のHP初期設定のセット名を変更できます。
    • 次のファイルに適用 このボックスにチェックを付けて保存すると、現在の初期設定セットのコピーが作成され、プログラム全体でなく対象ファイルにだけ適用する設定として保存されます。HP初期設定セットがファイルに添付されていることを表すため、〔現在のセット〕に「(適用中)」の文字が付加されます。初期設定セットをファイルに添付すると、ダイアログボックスの変更内容は添付した初期設定セット(編集中のファイル)にのみ適用されます。〔現在のセット〕から別のセット名を選択するか、〔次のファイルに適用〕のチェックを外すと、現在の初期設定セットを保存するか破棄するかをたずねるメッセージが表示されます。保存した場合、その初期設定セットは全ファイル用として〔現在のセット名〕に表示され、プログラム全体で適用されるようになります(別のファイルに添付することも可能です)。保存しない場合、その初期設定セットは破棄されます。
    • 現在の初期設定セットをロック このボックスにチェックを付けると、現在表示しているHuman Playback初期設定セットの編集が禁止されます。
    • 複製 このボタンをクリックすると、現在の初期設定セットのコピーが作成されます。作成済みの初期設定セットに少し変更を加えて別の初期設定セットを作成したいときは、〔複製〕を使うと便利です。
    • 削除 このボタンをクリックすると、現在表示している初期設定セットが削除されます。
    • デフォルト このボタンをクリックすると、このダイアログボックス内のすべての項目が元のデフォルト設定にリセットされます。この設定は、現在選択している初期設定セットにのみ適用されます。
楽器固有の奏法

ここでは、ピチカート、フラッタータンギングなどの奏法を定義し、カスタマイズします。また、この画面の設定を利用して、各サウンドライブラリやプレイバック機器の特徴を最大限に活かすことができます。例えば、同じ楽譜ファイルでGPOとソフトシンセの両方を使用する場合、各プレイバック機器の特性に応じてHuman Playbackの複数の奏法を使用できます。Native Instrumentの他のサウンドサンプルライブラリ(例:Garritan Personal Orchestra、Garritan Jazz & Big Band、EWQL)を組み合わせて使う場合も同様です。この画面の設定もHuman Playbackによる正確でリアルなプレイバックに反映されるので、様々なサウンドデバイスのメリットを最大限に活かすことができます。

このウィンドウは、選択可能な奏法を一覧表示しています。各定義項目は名前、動作の概要、適用するケース、奏法をオン/オフするチェックボックスで構成されています。いくつかの奏法ごとにグループ化されており、フォルダ名の隣の三角形をクリックすることにより表示の展開/折り畳みを切り替えます。奏法とフォルダをドラッグ&ドロップできますが、フォルダ内にフォルダを作成することはできません。

  • 対象楽器 このには、サウンドライブラリで一般に使用できる特殊奏法を持つ楽器の種類と楽器名が表示されます。
  • 奏法 〔対象楽器〕で選択している項目によって〔奏法〕の内容が変わります。〔奏法〕には、選択した楽器の奏法の一覧が表示されます。選択した奏法は、アーティキュレーション、発想記号、変形図形、楽曲の前後の状況(例:孤立したフレーズ)などの楽譜表記によって有効になります。〔テキスト指定〕を選択した場合は、その奏法をトリガーする文字発想記号を〔適用するケース〕テキストボックスに入力します。
  • 動作1・動作2・動作3 このを使って、選択した奏法の特性(キースイッチ、コントローラーデータなど)を正確に指定できます。右にあるとテキストボックスは、指定した動作の値を示します。選択した動作によって表示内容が異なります。選択する動作は、使用中のサウンドライブラリで利用可能な特性によって異なります。
  • 適用するケース このから選択することにより、選択した奏法についてさらにフィルタリングができます。テキストボックスには、特定の変数を入力します。例えば、プレイバックデバイスの名前に「GPO」が含まれているときだけ指定の奏法を適用する、といった使い方ができます。〔テキスト指定〕の文字発想記号を指定するときも、このフィールドを使います。
  • 新規フォルダ 〔楽器固有の奏法〕ウィンドウに新しいフォルダを追加します。
  • 新規の奏法 選択しているグループに、新しい奏法を追加します。
  • 複製 このボタンをクリックすると、現在選択している奏法またはグループのコピーが作成されます。設定済みの奏法に少し変更を加えて別の奏法を作成したいときは、〔複製〕を使うと便利です。
  • 削除 〔削除〕をクリックすると、現在選択している奏法が削除されます。

設定のしかた

奏法フォルダを展開表示して、編集する奏法をクリックして選択します。

ここでは、〔Garritan:弦楽器〕グループのピチカートを例に説明します。

一番上のポップアップメニューで楽器の種類を選択します。矢印をクリックすると楽器の種類または楽器名のリストが表示されます。

ここに表示されるのは楽器の完全な一覧ではありません。サンプルライブラリで一般に使用できる奏法を持つ楽器だけが表示されます。個々の楽器に対して類似の奏法が優先的に適用されることがあります。例えば「弦楽器」に対してピチカートを設定し、さらに「バイオリン」にもピチカートを設定した場合、バイオリンパートにはバイオリン用ピチカートが優先的に適用され、弦楽器用のピチカートは無視されます。

弦楽器で使用できる奏法は下図のリストのように表示されます。

動作が進むほど選択肢が少なくなります。この例では次のように表示されます。

動作 1:

動作 2:

動作 3:

右にあるは、指定した動作の値を示します。選択した動作によって表示内容が異なります。最後のでは、文字を指定してさらに精密にフィルタリングします。

最後のフィルターは特に重要です。この例では、名前に「Garritan」が含まれるスロット(MIDIセットアップで設定した外部デバイス)にのみピチカートの設定が適用されます。別の例としてVienna Symphonic Library(Kontakt ソフトウェアに同梱)のKSサンプルViolin Ens 14(All X)を設定する場合、上記とは違った設定が必要です。対象楽器:バイオリン、キースイッチノートナンバー:18、コントローラー:CC#1、名前に「kontakt」が含まれるデバイス、のように設定します。

ソフトシンセ(General MIDI)のピチカート奏法の場合、

プログラム#46はソフトシンセまたは外部MIDIプレイバックにのみ適用されます。Human Playbackは利用可能な全プレイバックデバイス(、ソフトシンセ、外部音源)を自動検索しますが、常にカスタマイズの選択の余地を残している点が重要です。

楽器別の奏法

持続音系楽器:

  • レガート(スラー) スラーまたは装飾音符があるとレガートが有効になります。GPOなどはCC#68を使ってレガートを表現しますが、専らパッチを使うサンプルライブラリもあります(EWQLのQLegato、ViennaのTrue Legatoなど)。
  • スタッカート 連続した短い音符(楽譜のスタッカート記号またはユーザーが設定したMIDIストップタイム値)に対してスタッカートが有効になります。「短い」かどうかはHuman Playbackが自動で判断します。
  • トリル 通常はHuman Playbackが仮想の音符としてトリルを生成しますが、サンプリング音によるトリルを収録したサンプルライブラリもあります。なお、サンプリング音のトリルは速度が固定されていることが多いので注意してください。リストで定義したサンプリング音のトリルは、厳密に単音のフレーズでのみ使われます。それ以外の場合は通常のHuman Playbackのトリルが使われます。
  • 強弱変化 〔動作〕のモジュレーション(01)~エクスプレッション(11)+ベロシティ、ベロシティと組み合わせて使います(動作の種類を参照)。特定のデバイススロット、五線、またはMIDIチャンネルでグローバル設定(〔強弱変化とボリューム〕画面の持続音系楽器のコントローラー)が無効になり、ここでの設定が優先されることがあります。
  • ソロのフレーズ
  • アンサンブル・パッセージ
  • テキスト指定 機能は上記の通りです。

弦楽器の奏法:

弦楽器の奏法は数が多いため、Human Playbackの用語は学術的な語彙と必ずしも一致していません。どちらかというとサンプルライブラリを指向した用語を定義しています。

  • スピッカート Human Playbackでいうスピッカートとは、非常に短いスタッカートを意味します。楽譜に表記された記号、またはMIDIストップタイム値から短いスタッカートを識別します。
  • マルトレ(マルテラート) 強くアクセントのかかった、比較的短くスラーが付いていない音符を意味します。楽譜上の表記またはMIDIデータから判断します。
  • デタシェ 通常のアクセントがかかり、スラーが付いていない音符を上げ弓と下げ弓を交互に用いて演奏します。特別な表記は不要です。
  • トレモロ 不定音価のトレモロです。3つのマークから成るトレモロ記号(8分音符には2つ、16分音符には1つ)を表記します。
  • スル・ポンティチェロ(テキスト) ブリッジ近くで演奏します。Ordinarioタイプの発想記号で中止します。
  • スル・タスト(テキスト)(テキスト) 指板の近くで演奏します。Ordinarioタイプの発想記号で中止します。
  • フラウタンド(テキスト) 弓の先で弦に軽く触れるようにしてフルートに似た音色を出します。Ordinadioで中止します。
  • バルトーク・ピチカート スナップをきかせたピチカートです。Finaleでは図形を使ったアーティキュレーションで表記します。
  • コル・レーニョ 弓の棒の部分で演奏します。現在のHuman Playbackでは弓のコル・レーニョとストロークのコル・レーニョに違いはありませんが、文字列を使ったフィルタリングで区別できます。
  • ハーモニクス Human Playbackの通常のハーモニクスと組み合わせて使います。なお最新のHuman Playbackは、音符に表記された小さなo(開放弦を表すOではありません)を認識して自然なハーモニクスを演奏します。

サンプリング音があれば、次のように複数の奏法を混合することもできます。

  • 弱音器付きトレモロ
  • 弱音器付きポンティチェロ
  • 弱音器付きトリル

例えば、Human Playbackがスル・ポンティチェロを認識すると、その前に弱音器があるかどうかを判断します。ただしこれは、「ポンティチェロ+弱音器」の組み合わせを定義した奏法が存在する場合に限ります。この奏法が定義されていなければ、通常の(弱音器なしの)ポンティチェロの設定が使われます。トレモロ、およびサンプリング音によるトリルでも同様に機能します。

木管楽器(サックスを含む)の奏法:

  • フラッター(弦楽器のトレモロに似た表記)Garritan Jazz and Big BandとGarritan Personal Orchestraでは違った方法でフラッタータンギングを演奏する点に注意してください(GPOはキースイッチ、JABBはCC#18を使用)。どちらもデフォルトの初期設定セットでサポートされています。

金管楽器奏法

  • カップミュート、ハーマンミュート、バケットミュート(テキスト) これらの奏法はJABBにあります。様々な文字表記で有効にできます。

動作の種類

キースイッチの他に多くの項目があります。

  • コントローラー 2つのパラメータ(コントローラーナンバーと値)があります。コントローラーは音色を切り替えるときによく使われます。サウンドライブラリのコンテクストによって設定が異なります。
  • 強弱変化:モジュレーション(01)… 強弱変化:ベロシティのみ これらの項目にはパラメータがありません。特定のボリュームコントロールをHuman Playbackに伝えるだけの働きをします。動作1の設定は「強弱変化」という奏法で使われます。文字列を使ったフィルタリングの設定によっては、一部のチャンネル、五線、デバイスでグローバル設定(Human Playback-強弱変化とボリュームを参照)が無効になり、ここでの設定が優先される場合があります。動作2と動作3の設定はピチカートで使われ、局所的にボリュームコントロールのタイプを指定します。類似の例としてティンパニのロールがあります。通常の叩く奏法はベロシティを使いますが、ロールには(EWQLSOでは)CC#1を使います。このため、同じ楽譜に両方の奏法が共存できていなければなりません。
  • チャンネル変更は、MIDIチャンネルという1つのパラメータを持ちます。キースイッチの代わりにチャンネル変更を使ってサンプルを変更することができます。
  • 五線指定のチャンネル 元の五線のチャンネルに戻ることを意味します。一般に、Ordinarioまたは標準の奏法を指定するときに使います。
  • チャンネル変更(相対指定) -16から+16の範囲のドロップダウンリストがあります。チャンネル番号の絶対値を使わないので便利に使えます。常に一貫した方法でサンプルを構成したいと考えるユーザーもいます(例:アルコ=#n、ピチカート=#n+1、トレモロ=#n+2)。
  • 五線指定のパッチ パッチを使った(GM準拠の)サンプルを元の五線のパッチに戻します。
  • プログラムチェンジ…プログラムチェンジ、プログラムチェンジ この4つのオプションは、MIDIバンクおよびプログラムチェンジ情報を変更するためのパラメータです。

この他の動作として、音程を付加(半音単位)(パーカッションロール用)、ピッチを固定発音範囲指定基準ボリュームがあります。

適用するケース

フィルタリングに使う文字列は、大文字小文字、スペースの有無、記号(ドット、ダッシュ、アクセント等)の有無を区別しません。複数の項目を指定する場合はコンマで区切ってください。

  • 次の名前がデバイスに含まれている時・次の名前がライブラリ名(AriaまたはKontakt 2/3)に含まれている時・次の名前がデバイス/ライブラリに含まれている時・次の名前がデバイス名に含まれていない時・次の名前がパッチ名(AriaまたはKontakt 2/3)に含まれている時・次の名前が五線名に含まれている時 上の例でも見たように、デバイス名の設定元スロット、MIDIセットアップで指定したスロットなど、様々です。「SoftSynth」や「QuickTime」といった文字列が含まれている場合もあります。例えば「garritan」と入力すれば、「Garritan Instruments for Finale」、「Garritan Personal Orchestra」、「Garritan Jazz」などが抽出されます。同様に、パッチ名や五線名を対象に抽出することもできます。
  • 次のMIDIチャンネルの時 「1-16, 20, 126」のように指定してチャンネル番号(1から始まる番号)でフィルタリングします。 複数のチャンネル(またはチャンネル範囲)を指定する場合は、コンマで区切ってください。
  • ソフトシンセでのプレイバック時 ソフトシンセでプレイバックするときのみ適用されます。〔次のデバイス名でのプレイバック時〕に「softsynth」を入力しても同じ効果があります。
  • デフォルトの外部音源でのプレイバック時  〔MIDIセットアップ〕ダイアログボックスで指定した外部MIDIデバイスでプレイバックするときのみ適用されます。
  • ソフトシンセ/デフォルトの外部音源でのプレイバック時 ソフトシンセか外部音源(MIDIセットアップで指定)でプレイバックするときのみ適用されます。〔次のデバイス名でのプレイバック時〕に「softsynth, external」を入力しても同じ効果があります。
  • 複数条件:複数条件を使うと、複数の項目を一度に移動、複製、削除、編集できます。ライブラリ名(#library#)とパッチ名(#patch#)を指定してフィルタリングします。例えば「#library#FinaleGPO #patch#Viola KS」のように指定します。
  • 文字発想記号に次のテキストが含まれる時 このオプションは、奏法として〔テキスト指定〕を選択したときにのみ表示されます。プレイバック定義されていない発想記号の中で追跡対象にする文字列を指定できます。例えばペンデレツキの奏法を設定したい場合、チャンネル#45、キースイッチC1をトリガーする“Behind the bridge”という文字発想記号を新規作成できます。複数の語句を指定する場合は「Behind the bridge, penderecki」のようにコンマで区切ってください。なお、発想記号に独自の効果を設定すると、Human Playbackが認識する定義済みの発想記号が無効になることがあるので注意してください。例えば、“pizz”という記号の挙動を変更するなどが可能です。
強弱変化とボリューム

この画面では、Human Playback機能による強弱記号(松葉形クレッシェンド、強弱発想記号など)の解釈の仕方をカスタマイズします。

  • タイプ:自動・ベロシティのみ・連続的データによるコントロールのみ から〔ベロシティのみ〕を選択すると、クレッシェンド/ディミヌエンド効果をベロシティデータとして適用します(一般にピアノなどの減衰音系の楽器で使用します)。〔連続的データによるコントロールのみ〕を選択すると、クレッシェンド/ディミヌエンド効果を連続的ボリュームデータとして適用します(一般に持続音系の楽器で使用します)。〔自動〕を選択すると、クレッシェンド/ディミヌエンドに適用するデータタイプが自動で決定されます。なお、ここでの設定にかかわらず、ピアノパートは常にベロシティでコントロールされます。
  • カーブ:自動・三次曲線・二次曲線・直線 Human Playback機能を使うときのクレッシェンドとディミヌエンドの変化のかかり具合を、からカーブの種類で選択します。〔自動〕を選択すると、適用するクレッシェンド/ディミヌエンドのカーブが自動で決定されます。
  • 松葉(変形図形)の変化の度合い スライダーを右に動かすと、松葉形クレッシェンド/ディミヌエンドの強弱効果が大きくなります。スライダーを左に動かすと、松葉形クレッシェンド/ディミヌエンドの強弱効果が小さくなります。
  • その他の強弱変化の度合い スライダーを右に動かすと、その他の変形図形の強弱効果が大きくなります。スライダーを左に動かすと、その他の変形図形の強弱効果が小さくなります。
  • 終止音が長い音の場合は自動的にディミニュエンドする デフォルトの設定では、Human Playbackは終止音がロングトーンの場合、ディミニュエンド効果を適用します。ジャズなどの楽曲でこれらの効果が不要な場合は、このチェックボックスを解除してください。
  • 持続音系楽器のボリュームコントロール:自動・ボリューム(07) +ベロシティ・モジュレーションホイール(01)、アタックのベロシティ・エクスプレッション(11)+ベロシティ Garritanでは、打楽器、打弦楽器、撥弦楽器についてはGMスタンダードと同様にベロシティを使って強弱を処理します。一方、持続音系の楽器(管楽器、ストリングスなど)の場合、使用するコントローラーのタイプはサウンドライブラリによって異なります。例えば、コントローラー#1(モジュレーションホイール)を使用するという独自の方法で強弱を処理します。

    Garritanの持続音系の楽器の場合、コントローラー#1を使って強弱の変化をコントロールします。これにより、同じ持続音でのからまでのクレッシェンドなどは、GMボリュームと違って非常にリアルな音色と強弱の変化を実現します。ここでは、最初のアタックのみベロシティが使われます(アタックの基準値は80です。下の「ベロシティの基準値」をご参照ください)。

    強弱記号がベロシティを使用することから、本来のアタックとの干渉をどうやって避けているのか不思議に思われるかもしれません。Human Playbackでは、強弱記号の定義は変更せずに、現在の強弱に応じて各音符のベロシティを1つずつ調整し直して、アクセント音の基準値に合わせます。最初の段階で一律に調整したあと、アクセント音やスタッカート音はさらに調整をおこないます。

    GMとGarritanではベロシティが等価でないため、アクセント(アーティキュレーションにおけるベロシティのピーク)も調整します。スフォルツァンドのようなアクセントには、ベロシティのピークとコントローラー#1 を使ったピークの両方が使われます。に与えられる最大のベロシティアクセント値は127、に与えられる最大のベロシティアクセント値は115です。

    ベロシティの最適化が完了すると、持続音系の楽器全体に対して、コントローラー#1を使って松葉形クレッシェンド(または強弱記号)を処理します。

    このオプションの設定は奏法の設定に上書きされることがあります。

  • Garritanライブラリを使用する場合はアクセント音の調整を行う・ベロシティの基準値 コントローラー#1 を使って強弱変化を処理する場合は、GMと意味がまったく異なるため、アクセント音のベロシティを調整する必要があります。このオプションはデフォルトで選択され、基準値は80に設定されています。
  • 伴奏に対するソロパートの割合(ボリューム調整) 強弱の調節がされていない音符をHuman Playbackで演奏するときのボリュームをスライダーで指定します。
MIDIデータ

この画面では、既存のMIDI情報の扱い方を設定します(〔MIDI〕ツールで編集した内容をHuman Playback機能と組み合わせるなど)。

  • 連続的データ・ベロシティ・音の始まり/終わり・テンポ 〔MIDI〕ツールまたは〔発想記号〕ツールを使って手動で楽譜に設定されたMIDIデータがある場合、Human PlaybackでプレイバックするときにそのMIDIデータを無視するか、加味するか、そのMIDIデータをそのまま使用するかを指定します。各MIDIデータタイプの隣にあるから選択してください。〔既存の情報を無視〕を選択すると、既存のMIDI情報は無視され、Human Playbackの解釈に基づいてプレイバックします。〔既存の情報を加味〕を選択すると、このタイプの既存のMIDI情報はHuman Playbackの解釈に加味されます。〔HPを使わない〕を選択すると、Human Playbackの解釈はおこなわれず、このタイプの既存のMIDI情報をそのままプレイバックします。

    この4つの項目は、楽譜に設定されているすべてのMIDIデータに適用されます。例えば〔連続的データ〕の設定は、楽譜上のすべての連続的データ(作成に使用したツールが〔発想記号〕ツールか〔MIDI〕ツールかを問いません)に適用されます。

    MIDIデータを手動で楽譜に設定する方法については、MIDIツールおよび「発想記号のプレイバック効果を定義するには」をご参照ください。

  • 連続的データの先出し:_ms ソフトシンセなど一部のサウンドデバイスはレイテンシー(発音の遅れ)が長いため、ボリューム、ピッチベンドなどの連続的データにギャップが生じることがあります。このオプションを事前に設定することにより、わずかなテンポチェンジを正確に計算に入れてデータ送信することができます。初期値は15msです(SmarMusicソフトシンセ、Garritan、ハードウェアサウンドデバイス用)。QuickTime用の推奨値は200msです。
グリッサンドとベンド

ここでは、グリッサンドとベンドのプレイバックスタイルを設定します。

  • グリッサンド/ベンド:タイプ:自動・ピッチベンドのみ・半音階のみ・全音階のみ Human Playback機能を使うときにグリッサンドとベンドをどう解釈するかを、から選択します。〔自動〕を選択すると、適用するグリッサンド/ベンドのタイプが自動で決定されます。〔ピッチベンド〕は、ピアノ、ハープ、その他の打楽器/撥弦楽器のパートには適用されません。
  • グリッサンド/ベンド:カーブ:自動・三次曲線・二次曲線・直線 このから、グリッサンドとベンドに適用するプレイバック効果を選択します。〔自動〕を選択すると、楽曲の前後の状況に応じて自動で決定されます。〔三次曲線〕を選択すると、音符の末尾にかけてピッチベンド/グリッサンドが大きくかかります。同様に、〔二次曲線〕も音符の末尾にかけて大きなピッチベンド効果がかかりますが、三次曲線に比べて比率が規則的になります。〔三次曲線〕と〔二次曲線〕は、トロンボーンの標準的なグリッサンド演奏などに適しています。〔直線〕を選択すると、ピッチベンド/グリッサンド全体に渡ってピッチが同じ比率で上下します。〔直線〕は、ピアノなど半音階(または全音階)の楽器で演奏する半音階のグリッサンドに適しています。
  • ピッチベンドの変化幅(半音単位):なし~24 このから、ピッチベンドに適用する変化の幅を半音単位で選択します。Garritan Instruments for Finaleのピッチベンド範囲は12半音です。Garritan Instruments for Finaleは、Human Playbackのベンド/グリッサンド機能を十分に活用できます。GPOバージョン1または2を使用する場合は、Human Playbackでピッチベンド範囲を調整できますが、効果は確実ではありません。これは、楽器によって実際のピッチベンド範囲が異なるからです(例えば、バイオリンは1全音、フルートは1半音です)。初期値は12です。
  • 状況に応じて効果を遅らせる 楽曲の前後の状況によって効果を和らげたいときは、このボックスにチェックを付けます。例えば、ゆっくりしたストリングスパッチを使用する場合、アタックと同時にクレッシェンドを開始してしまうと、フルボリュームで演奏できなくなります。このようなときは、このオプションを選択します。
装飾記号とトレモロ

ここでは、装飾記号とトレモロのプレイバックスタイルをカスタマイズします。

  • トリル/トレモロ:最も遅い演奏:トリル:1秒間に_音符・トレモロ:1秒間に_音符 Human Playbackでトリル/トレモロを最もゆっくり演奏したときの1秒あたりの音符の数を指定します。楽曲の前後の状況によってはトリルが加速することもあります。
  • より自然な演奏にする このオプションを選択すると、トリル/トレモロにGarritanの特殊なコントローラーエフェクトがかかり、より自然な演奏にします。
  • ジャズ・シェイクは2音の切り替えではなく、ピッチベンドで表現する MIDIピッチでなく、ピッチベンドMIDIデータを使ってジャズシェイクを表現します。
テンポ変化

ここでは、Human Playbackがテンポチェンジをどう解釈するかを設定します。

  • フェルマータの最も短い長さ・__秒 音符の音価に加えてHuman Playbackが持続するフェルマータの最も短い長さを秒数で指定します。〔フェルマータ前で減速する〕にチェックを付けると、フェルマータの前でテンポが下がります。
  • フェルマータの前で減速する このオプションを選択した場合、フェルマータの前でテンポが徐々に下がります(その割合は楽曲の前後の状況に大きく依存します)。
  • 演奏ごとにランダムなテンポ・ルバートを行う このボックスにチェックを付けると、プレイバックごとにテンポが不規則に変化します。
Garritan

ここでは、Garritan Personal Orchestraサウンドを使用したときのHuman Playback機能を最適にする設定をします。

Garritan Personal Orchestra with FinaleをFinaleで活用する方法については、Finale Knowledge BaseにあるSetting up Garritan sound libraries in Finale(英語)をご参照ください。

  • タンギングにジャズフィーリングを加える 一般に、基本的なジャズのアーティキュレーションは裏拍の8分音符でタンギングし、表拍の8分音符でスラーをかけます。また、連続した8分音符は先取音よりは均等に演奏するのが通例です。このオプションを選択すると、こうしたタンギングパターンとスウィングのニュアンスを有効にして演奏します。ただし、〔プレイバック・コントローラー〕ウィンドウ(Mac)/〔プレイバック設定〕ダイアログボックス(Windows)で、〔スウィング〕を有効にする必要があります。
  • 打楽器のロールにコントローラー#22および#23を使用 Garritan音源を使って演奏するとき、Human Playbackはコントローラー#22と#23を使ってパーカッションロールを表現します (〔装飾音符とトレモロ〕画面の〔より自然な演奏にする〕も選択されていれば、両方の効果を加味して演奏されます)。
  • 管楽器およびストリングスのトリルにコントローラー#21を使用 このオプションを選択すると、MIDIコントローラー#21(長さ)を使って管楽器とストリングスのトリルをリアルに演奏します(〔装飾音符とトレモロ〕画面の〔より自然な演奏にする〕も選択されていれば、両方の効果を加味して演奏されます)。
  • Kontakt 2スロットに割り当てられた楽器にも上記の効果を適用 Finaleは、Kontakt 2(Kontakt PlayerでなくKontakt 2製品版)に読み込まれている楽器ライブラリの種類を自動検出できません。このオプションを選択しておくと、Kontakt 2に読み込まれた楽器がGarritan楽器であると想定して処理されます。
環境設定-表示 ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

を選択して、〔表示〕を選択します。

【機能について】

いくつかの項目について、プログラム全体の表示方法を設定します。

  • ツールメニューを表示 このチェックボックスを選択すると、メニューバーに〔ツール〕メニューが表示され、メイン・ツール・パレットの代わりに〔ツール〕メニューからツールを選択できるようになります。
  • すべてのメッセージを表示 このオプションを選択すると、〔次回はこのメッセージを表示しない〕チェックボックスの付いたすべてのメッセージが再び表示されるようになります。
  • 表示サイズ1・表示サイズ2・表示サイズ3 表示メニューの〔表示サイズ〕サブメニューに表示させたい拡大縮小率をパーセンテージで設定することができます。表示メニューをご参照ください。
  • 音名の表記方法:MIDIノート番号・ピッチ Finaleのダイアログボックスで音名を指定する際に、MIDIノート番号(中央ドが60)で表示するか、ピッチ名(C1、D1、E1 など)によって表示するかを選択します。〔MIDIノート番号〕をクリックすると、MIDIの規格上での音程を音名の指定の際に表示させます。音名の指定の際にピッチ名で表示させたい場合は、〔ピッチ名〕をクリックしてください。この選択は、などMIDI音程を表示するすべてのダイアログボックスに反映されます。ただし、ダイアログボックスに実際に音名を入力する際には、ここでの設定に関わらず好きな方で入力できます。数字で始まる文字を入力すると、FinaleはMIDIノート番号が入力されたと判断します。それ以外の場合は、音名が入力されたと判断します。ただし、次回そのダイアログボックスを表示したときには、入力した値は環境設定の選択に従って、数字か音名のどちらかで表示されます。この設定はプログラムの環境設定として保存されます。
  • 音名の表記方法:中央のド=C3・C4・C5 Finaleが中央のドをC3、C4、C5のどれで表示するかを、このドロップダウンリストポップアップメニューから選択できます。中央ドの音名がどれに相当するかはMIDI機器に異なるため、お使いのMIDI機器に合わせてFinaleでの表記を変更することができます。この設定はプログラムの環境設定として保存されます。
  • 小節番号の表示方法:ユーザー定義の小節番号で表示・絶対的な小節番号で表示 Finaleの様々な箇所で小節番号を表示する際に、〔小節番号〕ダイアログボックスで定義されている小節番号を表示するか、ファイル内の実際の小節番号を表示するかを指定できます。〔絶対的な小節番号で表示〕を選択した場合、Finaleはファイル中の最初の小節がたとえ(弱起の)不完全小節でも、その小節を1小節目として小節番号を数えます。この設定はプログラムの環境設定として保存されます。選択した内容に従って、実際の小節番号またはユーザー定義の小節番号がメイン・ウィンドウの小節番号表示部分に表示されます。同時に、〔小節の属性〕、〔調号〕、〔拍子記号〕、〔選択範囲の指定〕ダイアログボックスなど、小節番号を表示するダイアログボックス内のテキストボックスでの小節番号の表示方法が決定されます。ユーザー定義の小節番号が表示されていて、2つ以上の小節番号の領域が定義されている場合(例えば、複数の楽章を含むファイルで、それぞれの小節番号が領域別に定義されている場合など)、範囲番号に続いてコロン(:)を入力し、続けて小節番号を入力してください。例えば、3楽章ある楽曲で3つの小節番号の範囲が定義されていて、それぞれの領域が1小節目で始まっている場合、1:1と入力すると第1楽章の最初の小節(範囲1)に移動し、2:1と入力すると第2楽章の最初の小節(範囲2)に移動し、3:1と入力すると第3楽章の最初の小節(範囲3)に移動します。ユーザー定義の小節番号が表示されているときに、実際の小節番号を指定したい場合は、#(Shift+3キー)と実際の小節番号を入力してください。実際の小節番号を入力する場合には、Finaleはつねにファイルの中の最初の小節(たとえ弱起の不完全小節でも)を1番目の小節として認識します。
  • 自動ハイフンと音引き線の更新:自動・手動 〔自動〕を選択した場合、楽譜の作成時にハイフンと音引き線が自動で更新されます。自動更新は〔音引き線〕ダイアログボックスの設定に従っておこなわれます。〔手動〕を選択した場合、ハイフンと音引き線を更新するには〔ユーティリティ〕メニューから〔自動ハイフンと音引き線の更新〕を選択する必要があります。
  • ハンドル:ハンドルのサイズ・ハンドルを透明にする ハンドルのサイズを変更するには、ハンドルのサイズをピクセル単位で入力します。〔ハンドルを透明にする〕を選択しておくと、ハンドルと楽譜要素が重なっても楽譜要素が見えなくなることはありません。スタッカート、アクセントなど、ハンドルより小さな記号を作成するときは、ハンドルを透明にしておくと特に便利です。
  • 非表示テキストの表示濃度 非表示にしている記号の表示濃度をパーセント値で入力します(小さい数値にするほど薄くなり、0%で完全に非表示になります)。
  • スムージング:五線を滑らかに表示・小節線を滑らかに表示 Finaleでは画面表示を美しくするために、フォントや図形記号はアンチエイリアス処理が施され滑らかに表示されますが、五線や小節線については画面の縮小率によってはぼやけてしまうため、デフォルトではアンチエイリアス処理の対象外となっています。もし、あえて五線や小節線についてもアンチエイリアス処理を適用したい場合はこれらのオプションをチェックしてください。
環境設定-編集 ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

を選択して、〔編集〕を選択します。

【機能について】

ここでは、通常は〔編集〕メニューで設定する取り消し、移動可能項目、フォント付加情報等について設定します。

  • 計測単位:EVPU・インチ・センチメートル・ポイント・パイカ・スペース Finaleを使用していると、ダイアログボックスで数値を入力するケースが多々あります。例えば、それぞれのページのマージンの値や、8分音符の連桁の太さを指定するときなどです。そのような場合に、この〔計測単位〕サブメニューから使用したい計測単位を選択することができます。選択した単位はすべてのダイアログボックスに適用されます。

    インチとセンチメートルはよく知られている単位です。ポイントとパイカは印刷上の計測単位です。1インチが72ポイントに相当し、1パイカが12ポイントに相当します。EVPUはENIGMA 仮想ページ単位(ENIGMA Virtual Page Unit)の略で、1インチが288 EVPUに相当します。

    “スペース”を計測単位としてFinaleのすべてのダイアログボックスで適用させたい場合は、〔スペース〕を選択してください。1スペースは、五線の中の1間分の距離として定義されており、Finaleでは1スペースが24 EVPUに相当します。0.5スペースが音階1つ分、つまり隣り合う線上と線間1つ分の距離となります。

    実際に数値を入力する際には、状況に応じてここで選択した単位を無視して、使用したい単位またはその省略形を入力して、その方法は、単位(または単位の省略形)を付けて数値を入力することです。例えば、全体に適用する単位としてセンチメートルが選択されているとします。しかし、スラーの線の太さをFinaleに指示するときは、計測単位がセンチメートルでは単位が大きすぎて少々扱いにくいでしょう。そこで、「2pt」と入力することにより、Finaleは入力された数値をセンチメートルではなくポイントとして適用します。

  • 編集が完了したら音で知らせる 時間のかかる作業が完了したときにFinaleにビープ音を鳴らさせたくない場合は、このチェックボックスの選択を解除してください。
  • ユニコードキャラクタを別のフォントで代用 このオプションを選択しておくと、使用中のフォントにUnicodeキャラクタが含まれていない場合に、コンピュータ内のフォントライブラリの中から適切なキャラクタが検索されます。このオプションを選択していなければ、使用中のフォントに存在するキャラクタのみ表示されます。
  • 取り消しを可能にする  〔編集〕メニューから〔取り消し〕を選択すれば、ほとんどの操作を取り消すことができます。しかし、〔選択〕ツールなどで大量のデータを編集した後、違うツールをクリックしたときにFinaleが反応するのに時間がかかる場合があります。そのようなときは、大きな編集作業(長いセクションの楽譜をコピー、またはペーストする時など)をおこなう前にこのチェックボックスを解除するとよいでしょう。こうするとFinaleは長い作業から素早く戻ってくるだけでなく、編集前の状態を保存するためのディスク容量を節約することができます。

    警告! ただし、〔取り消し/再実行リスト〕から作業を選択して元の状態に戻すことができなくなります。

  • 保存前への“取り消し”を可能にする このオプションを選択すると、すでに保存を実行した時点よりもさらにさかのぼって作業を元に戻すことができます。このオプションが選択されていない場合は、Finaleは前回保存した時点より前の作業を元に戻すことはできません。
  • 遡って取り消しのできる回数 ここに数値を入力することによって、編集された箇所をどれだけさかのぼって元に戻せるかを設定します。このオプションを「0」に設定すると、無制限に作業を取り消せます。
  • 異なる楽器へのコピーまたは変更時には音域を考慮する このオプションはデフォルトで選択されています。楽器の音域を考慮せずに楽譜をコピーするには、チェックを外してください。この場合、コピー元の楽譜と同じオクターブで楽譜がコピーされます。このオプションを選択しておくと、楽譜をコピーするとき、またはスコア・マネージャーで楽器を変更するときに、楽器の音域を考慮して適宜オクターブが変更されます。例えば、フルートからチューバに楽譜をコピーするか楽器を変更すると、チューバの音域に収まるように移調されます。楽器の「初級者」用の音域に基づいて、最適なオクターブが決定されます。楽器別音域をご参照ください。音域外音符の数が最小のオクターブが複数存在する場合は、最も近くに移調されます。

    〔異なる楽器へのコピーまたは変更時には音域を考慮する〕が選択されていると、同じ楽器の五線(コピー元の五線を含む)にコピーした場合でも、最も演奏しやすいオクターブに移高されるので特にご注意ください。

  • 小節の配置調整:変更しない からこのオプションを選択すると、レイアウトの更新時に既存の小節のレイアウトや幅に変更を加えません。
  • 小節の配置調整:組段ごとの小節数を保持 からこのオプションを選択すると、組段内の小節のレイアウトを更新します。各小節は、その組段の幅や含む音符の数などによって横幅が調整されますが、他の組段へ移動することはありません。
  • 小節の配置調整:組段ごとの小節数を再調整(組段ロックは維持) ドロップダウンリストからこのオプションを選択すると、レイアウト更新時に小節の幅に合わせて各小節を他の組段に再配置させます。Finaleはそれぞれの組段に何小節収めるのが適当かを判断し、必要に応じて小節を前後の組段に移動させます。ただし、このオプションでは、ロックされた組段(小節グループ)の小節は移動させません。組段のロックは、〔選択〕ツールで上下の矢印キーを使用して小節を別の組段へ移動させるか、〔ユーティリティ〕メニューから〔小節のはめ込み〕〔組段ロック〕を実行したときに作成されます。このオプションでは、ロック(グループ化)されていない小節は必要に応じて前後の組段に移動しますが、ロックされている組段内の小節はその組段に留まります。
  • 小節の配置調整:組段ごとの小節数を再調整(組段ロックを解除) からこのオプションを選択すると、レイアウト更新時にすべての組段からロックを解除し、ロック(グループ化)されているかどうかに関わらず、すべての小節を組段に合わせて再配置します(レイアウト更新時にShiftキーを押しながら実行すると、このオプションが選択されていなくても小節グループを解除することができます)。
  • ページをまたがって組段を再配置 このオプションは、各組段をページの大きさに合わせて再配置させるかどうかを設定します。このオプションが選択されている場合、Finaleはそれぞれのページにいくつの組段が入るかを計算し、ページからはみ出た組段は次のページへ移動し、ページにまだ組段が入るスペースがある場合は後ろのページから組段を繰り上げます。すでにページ内の組段レイアウトが終っていてそれを崩したくない場合は、このオプションが選択されていないことを確認してください。
  • レイアウトの自動更新 このオプションは、〔スクロール表示〕では効果がありません。〔ページ表示〕時に画面が描き直される度に自動的にレイアウトを更新するかどうかを決定します。Finaleは現在のページのレイアウトを更新すると、その後のページのレイアウト情報もいったん破棄しますが、作業時間を節約するために、レイアウト更新は次にそれらのページが表示された時におこなわれます。レイアウトの自動更新が選択されていない場合でも、例えば、五線の位置を調整したときやスコア譜に新しいパートを加えたときなどにはレイアウトを更新します。
  • 自動スペーシング このオプションを選択すると、〔高速ステップ入力〕や〔リアルタイム入力〕、〔ステップ入力〕の各ツールで入力して楽譜上に戻ると同時に音符がスペーシングされます。それぞれの音価に対するスペーシング幅は現在読み込み中の“スペーシング”のライブラリに基づいて適用されます。音符のスペーシングをご参照ください。
  • 同族楽器の自動グループ化 このオプションを選択しておくと、スコア・マネージャーで楽器を追加、変更したとき、自動的に楽器がグループ化されます。このオプションを選択しなければ、スコア・マネージャーで楽器を変更しても、グループ括弧の更新はされません。手動でグループ括弧を変更する必要があります。グループをご参照ください。(注:このオプションを選択しておくと、楽器の変更に応じてグループ括弧が更新されたとき、グループ括弧に対する手動の位置調整が保存されます。)必要に応じて楽譜にFinaleの自動のグループ括弧を適用するには、〔ユーティリティ〕メニューの〔その他のユーザー〕から〔グループとグループ括弧をリセット〕を選択します。
  • 同族楽器の小節番号、反復記号括弧と文字反復記号の自動表示 このオプションを選択すると、同族楽器の一番上の五線に小節番号と反復記号(反復記号括弧、文字反復記号)が表示されます。例えば吹奏楽のスコア譜に4つのホルンパートがある場合、このオプションを選択すると、一番上のフレンチホルンパートに小節番号が表示されます。小節番号は楽譜全体を通じて各組段の先頭小節に表示されます。ホルンパートの並び順を変更したり、ホルンパートの一部を削除した場合は、小節番号を表示する一番上のホルンパートが自動設定されます(そのパートの五線属性の「小節番号」にチェックが付きます。詳しくは五線の属性ダイアログボックスをご参照ください)。小節に反復記号括弧や文字反復記号括弧が含まれる場合も、同じように機能します。〔五線〕メニューの〔空の五線を隠す〕を使って同族楽器の一番上の五線を非表示にした場合は、新しく一番上になった五線に小節番号/反復記号が表示されます。ただし、同族楽器の一番上の五線が強制的に非表示にされた場合には(〔五線を強制的に隠す〕を選択)、新しく一番上になった五線に小節番号/反復記号が割り当てられることはありません。
  • カーソルキーによる移動量_ピクセル このテキストボックスには、付点や臨時記号などの〔道具箱〕ツールで選択された記号類を、矢印キーを1回押した時に、どれだけ動かすかを入力します。さらに細かく調整したい場合は、〔表示〕メニューからより大きな倍率の画面表示を選択してください。例えば、100%で表示している際に符尾などの項目を1スペース分動かすのに6ピクセルの移動が必要だとして、〔移動可能項目〕ダイアログボックスで動かせる単位を6ピクセルに設定します。カーソルキーを押すとき、表示の割合が100%の場合、項目は6ピクセル(または1スペース)単位で調節されます。そして表示の割合が200%の場合でも、カーソルキーが押されると、項目は6ピクセル単位で調節されます。表示の割合が200%のとき、6ピクセルは0.5スペースになるので、2倍の精度で位置調整ができます。注:ここで設定した移動量は〔道具箱〕ツールを使用しているときにのみ適応されます。この他の場面で矢印キーを使用した場合には、Finaleは矢印キーを押す度に1ピクセルずつ項目を調整します。
  • 移動方向の自動制限(Shiftキーを押すことにより一時的に解除) 〔移動方向の自動制限〕はデフォルトではオフになっています。これが選択されていない場合、項目は楽譜上のどの方向にも動かすことができます。一時的に、移動方向をドラッグの最初の向き(水平または垂直)に固定するには、Shiftキーを押しながらドラッグしてください。ドラッグの方向をつねに限定したい場合は、このオプションを選択してください。すると、移動方向が最初にドラッグした方向に自動的に固定されます。一時的にどの方向にもドラッグできるようにするには、Shiftキーを押してください。つまり、Shiftキーは「このチェックボックスの設定を逆にするキー」として考えてください。

    スラーを編集中のときは、ドラッグ方向の固定は一時的に無効になります。Shiftキーを使用すると、スラーを編集しているときでもこの機能を有効にすることができます。

  • インジケーター付き項目の所属変更を抑止(Optionキーを押すことにより一時的に解除) このボックスにチェックを付けると、発想記号を割り付け先から遠くに移動しても、割り付け先は変わりません。このボックスにチェックを付けなければ、発想記号の移動に応じて割り付け先が変わります(発想記号の移動中にを押すと、割り付け先が一時的に固定されます)。
  • パーカッション五線と通常の五線間でコピーを行った際の動作:五線上の音符の位置を維持・MIDIピッチを維持 パーカッションパートと通常表記の五線の間でコピーするとき、五線上の位置情報を保持するか、それともMIDIピッチ情報を保持するかを選択します。〔五線上の音符の位置を維持〕を選択した場合は、コピー時にコピー先の五線でMIDIノートの割り当てを変更し、音符の五線上の位置は保持します。〔MIDIピッチを維持〕を選択した場合は、MIDIピッチ情報を保持して、五線上の位置情報は削除します。各五線で使われているパーカッションMIDIマップはスコア・マネージャーで確認できます。パーカッションパートのMIDIピッチは〔パーカッションMIDIマップの編集〕ダイアログボックスで参照できます。パーカッション表記の五線にオレンジ色の音符が表示されることがあります。オレンジ色の音符は、〔パーカッション・レイアウト設計〕ダイアログボックスで楽器タイプが定義されていないことを表します。「パーカッション表記の五線」とは、スコア・マネージャーで〔記譜スタイル〕を〔パーカッション〕に設定した五線のことです。
  • フォント付加情報 このボタンをクリックすると、〔フォント付加情報〕ダイアログボックスが表示され、フォントのそれぞれのキャラクタの描画領域を詳細に指定することができます。フォント付加情報についての詳細は、フォント付加情報をご参照ください。
環境設定-フォルダ ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

を選択して、〔フォルダ〕を選択します。

【機能について】

ここでは、Finale関連の各種ファイルを保存するフォルダを指定します。Finaleアプリケーションを構成する各種ファイルデフォルトの保存場所については、Finaleインストール先フォルダの詳細をご参照ください。

  • フォルダ:楽譜・バックアップ・定期ファイル保存・楽譜書式・デフォルトファイル・テンプレート・ライブラリ・各種設定ファイル・プラグイン・フォント付加情報・作業用ファイル:参照 各ファイルの保管場所を指定できます。楽譜ファイルやライブラリファイルを保存または開くとき、Finaleはまず、ここで指定されたフォルダを探します。作業用ファイル、ライブラリ、または楽譜ファイル用のフォルダを特に指定しない場合、それらのファイルの保存時には、Finaleが前回開いたフォルダがまず表示されます。各フォルダを新たに選択/変更するには、変更したいフォルダの〔参照〕ボタンを使用します。
環境設定-カラー表示 ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

このダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。

  • を選択し、〔カラー表示〕を選択します。
  • 〔表示〕メニューから〔カラー表示の選択〕を選択します。

【機能について】

このオプションでは、レイヤーごとにそれぞれの音符を異なる色で表示したり、アーティキュレーション、テキストブロック、変形図形などの楽譜上の項目をそれぞれ別の色で表示させることができます。これにより、楽譜上に表示されている様々な記号類がどのツールで作成されたかを見分けるのが容易になります。これらのカラー表示は実際に印刷することもできます。〔印刷〕ダイアログボックスで〔カラー印刷〕を選択してください。

  • パート・リンクを解除した項目に色を付ける このボックスにチェックを付けると、スコア譜とリンクしているパート譜内でリンクが解除された項目を色(初期値はオレンジ)で識別します。スコア譜内でもこの項目が色で識別され、パート譜でリンクが解除されていることを表します。例えば、リンク先のパート譜で特定の発想記号の位置を変更すると、その発想記号の色が変わります。色を付けて識別することにより、スコア譜でその発想記号の位置を変更しても、パート譜には適用されないことを確認できます。
  • カラー使用 楽譜上のそれぞれの項目をカラー表示したい場合は、このボックスを選択してください。選択されていない場合は、楽譜はカラー表示されません。ただし、インタフェースに関するカラー表示の設定はそのまま有効です。楽譜をカラーで印刷する場合は、このボックスがチェックされている必要があります。
  • レイヤーに属する項目はレイヤーと同じカラーを適用 発想記号、歌詞のように、レイヤーに属するすべての項目をそれぞれのレイヤーに対応した色で表示したい場合は、このチェックボックスを選択してください。
  • [楽譜上の項目]:レイヤー1・レイヤー2・レイヤー3・レイヤー4...・連符 連符楽譜上の様々な項目に対して異なる色を割り当てることができます。変更したい項目のボタンをクリックしてください。レイヤーの表示カラーは、ステップ入力カーソルと入力音符にも適用されます。初期状態では、レイヤー1は黒、レイヤー2は赤、レイヤー3は緑、レイヤー4は青です。印刷時は、どのレイヤーも黒で表示されます。表示カラーを印刷するには、〔印刷〕ダイアログボックスで〔カラー印刷〕を選択してください。〔五線名〕に設定された色は、正式/省略五線名(印刷される名前)とデフォルトの五線名(印刷されない名前)の両方に適用されます。また、〔グループ関連項目〕に設定された色は、正式・省略グループ名(印刷される名前)とデフォルトのグループ名(印刷されない名前)の両方に適用され、五線を括る括弧やグループ用小節線にも適用されます。
  • インターフェイス・カラー:パートリンクを解除した項目・音域外の音符...・テンポタップ五線 Finaleにおけるいくつかの表示項目は、特定の作業をおこなう場合にのみ画面に表示されます。このリストにあるインタフェース関連の表示項目は、自由に色を変更することができます。変更したい項目のボタンをクリックしてください。「選択中の音符」とは、ステップ入力時にCtrlクリックされた音符のことを指します。「プレイバック・カーソル」は、プレイバック時に楽譜スクロールを使用している場合に表示されます。「楽譜スタイルの明示部分」は、〔五線〕メニューで〔楽譜スタイル部分の明示〕が選択されている場合に表示されます。
環境設定-パレットと背景 ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

を選択して、〔パレットと背景〕を選択します。

【機能について】

ここでは、パレットのスタイルや用紙と背景の色などを設定します。

  • 大きめのアイコンを使用 このオプションを選択すると、各種ツールパレットに大きなボタンが表示され、見やすくなります。

  • 別のツールを選択した時には付属パレットを閉じる この項目を選択した場合、他のツールを選択したとき、〔変形図形〕パレットや〔道具箱〕ツールパレットなどツールに付属するパレットが閉じます。これらのパレットを表示させておきたい場合には、このチェックボックスを選択しないでください。
  • 別のツールを選択した時にはステップ入力パレットを閉じる この項目を選択した場合、他のツールを選択したときにステップ入力パレットが閉じます。
  • ステップ入力時に休符パレットを表示 ステップ入力の休符パレットを表示させたい場合は、このオプションを選択してください。
  • 楽譜の背景:グラフィックファイル:選択・デフォルト・タイル状に並べる・ウィンドウサイズに合わせる:単色 〔グラフィック・ファイル〕の〔選択〕をクリックすると、ページ表示で作業するときの楽譜の背景を選択できます。自分で作成したグラフィック・ファイルを選択することもできます。〔タイル状に並べる〕を選択すると、背景のグラフィックがタイル状に表示されます。〔ウィンドウサイズに合わせる〕を選択すると、背景のエリアに合わせてグラフィックが自動的に拡大します。〔単色〕の〔選択〕をクリックすると、背景に使用する色を選択できます。
  • 五線紙の材質(画面表示のみ):グラフィックファイル:選択・デフォルト・タイル状に並べる・ウィンドウサイズに合わせる:単色 〔グラフィック・ファイル〕の〔選択〕をクリックすると、用紙の背景を選択できます。自分で作成したグラフィックを選択することもできます。〔デフォルト〕をクリックすると、Finaleのデフォルトの用紙背景が使用されます。〔タイル状に並べる〕を選択すると、用紙のグラフィックがタイル状に表示されます。〔ウィンドウサイズに合わせる〕を選択すると、ページエリアに合わせてグラフィックが自動的に拡大します。〔単色〕の〔選択〕をクリックすると、背景に使用する色を選択できます。

音域

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標