互換性に関する警告ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

新バージョンのFinaleで保存されたファイルを旧バージョンのFinaleで開くとき、このダイアログボックスが自動的に表示されます。

【機能について】

拡張子「.MUSX」が付いたFinaleファイルは、Finale 2014以降のすべてのバージョンで開くことができます。ファイルの下位互換性はユーザー間でファイルを共有する上で役立ちますが、現バージョンで楽譜要素が改良されたため、旧バージョンのFinaleでファイルを開いたとき、楽譜要素の外観が変わることがあります。例えば、アーティキュレーションの配置が変わったり、点線スラーが通常のスラーで表示される場合があります。

  • 次からこのメッセージを表示しない この項目を選択した場合、新バージョンで作成されたFinaleファイルを旧バージョンで開くたびに〔互換性に関する警告〕ダイアログボックスが表示されることがなくなります。いったん選択した後で選択を解除するには、〔環境設定-開く〕ダイアログボックスで〔より最新バージョンで保存されたファイルを開く際に警告を出す〕を選択してください。

関連トピック:

アーティキュレーション

スラー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks