現在地: 機能マニュアル > メニュー > 編集メニュー

編集メニュー

展開表示した編集メニュー

【このメニューを表示するには】

〔編集〕メニューはFinaleの常設メニューです。どのツールを選択しても表示されています。

【機能について】

〔編集〕メニューの中には、様々な種類の編集用コマンドがあります。例えば、テキストを編集する際には、この〔編集〕メニューを使ってテキストをカット、コピー、ペーストすることができます(コピー&ペーストは、〔選択〕ツールや、〔テキスト〕ツールなど利用できます)。小節を選択できる任意のツールを使って範囲を選択すると、下記のコマンドが使用可能になります。キーボードショートカットと特別なマウス操作をご参照ください。

また、OPTIONキーやShiftキーを組み合わせると、別のメニュー項目も表示されます。例えばOPTIONOPTIONキーを押しながらファイルをクリップボードにコピーすることができます。操作に応じて〔カット〕、〔コピー〕、〔挿入〕、〔ペースト〕の各コマンド名が変わります。例えば〔カット〕が〔クリップファイルにカット〕に変わります。「楽譜の一部分を別のファイルにコピーするには」をご参照ください。

  • 取り消し・再実行・取り消し/再実行リスト ユーザーがファイルを編集すると、Finaleの側では、すぐに取り消しができるように操作や設定を自動的に保存しています。 〔取り消し〕を選択すると、これまでの変更が逆順に取り消されます。 〔取り消し〕コマンドで取り消した作業を、もう一度実行し直したい場合は、〔再実行〕を選択します。連続で何回も取り消しした場合は、取り消した回数だけ再実行してください。〔取り消し/再実行リスト〕を選択すると〔取り消し/再実行リスト〕ダイアログボックスが開き、作業履歴の一覧が表示されます。取り消し/再実行の対象をリストから選択することができます。詳しくは、取り消しをご参照ください。
  • すべてを選択・選択範囲の指定 このコマンドは、Finaleの多くのツールで使用でき、様々なハンドル楽譜上で選択可能な項目に表示される、小さな四角形です。ハンドルを使って楽譜要素の選択、編集、調整ができます。や小節を選択できます。また、多くの場合、Shiftキーを押しながらハンドルをクリックすると、一度に1つずつハンドルを除外(選択解除)できます。〔選択範囲の指定〕を選択すると〔選択範囲の指定〕ダイアログボックスが開き、選択範囲を五線、拍、小節番号で指定することができます。〔OK〕をクリックすると、指定した部分が選択されます(画面上でもそれらの小節が選択された状態になります)。
  • カット 選択ツールiconで楽譜の一部を選択してから、〔カット〕を選択すると、選択した楽譜はクリップボードに移され、楽譜上からその部分が削除されます。小節ブロックが選択されていれば、小節自体が削除されます。選択されている小節が小節ブロック全体でない場合は、小節内の内容が削除されます。歌詞ウィンドウテキスト編集ウィンドウとの間で、クリップボードを介してテキストをカット&ペーストすることもできます。
  • コピー 選択ツールiconで楽譜の一部を選択してコピーを実行すると、選択した部分のコピーがクリップボード上に移され、別の箇所や他のファイルにペーストすることができます。コピーされたFinaleの楽譜を他のアプリケーションのファイルにペーストすることはできません。楽譜の画像データを他のプログラムで利用するには、グラフィックツールをご参照ください。歌詞ウィンドウテキスト編集ウィンドウとの間で、クリップボードを介してテキストをコピー&ペーストすることもできます。
  • 挿入 〔挿入〕を選択すると、クリップボードにカットまたはコピーした楽譜を、拍や小節の間に挿入することができます。
    • コピー時に小節ブロックとしてクリップボードへコピーした場合は、ペースト先の範囲の一番上の五線を選択してください。コピーした内容が選択した箇所を起点として、下または右に向かってすべて挿入されます。
    • コピー時に一部の五線の内容のみクリップボードへコピーした場合は、ペースト先でも、どこの五線にペーストするのかを最初に指定してください。ペーストを実行すると、ほかの五線の内容は変わらずに、その五線の音符のみが挿入箇所から順次右へずれていき、小節線が引き直されます。小節線の区切り直しをご参照ください。

    クリップファイルからどの項目が挿入されるかは、〔ペースト対象項目〕ダイアログボックスでの選択内容によって異なります。Shiftキーを押しながら〔編集〕メニューをクリックすると、このコマンドが〔選択した項目のみ挿入〕に変わり、挿入する項目を選択できます。

  • ペースト 〔ペースト〕を選択すると、クリップボードに保管した音符や記号などが、選択範囲に貼り付けされます(ペースト先の選択範囲が置き換わる)。ペースト先を選択するには選択ツールiconを使います。〔歌詞〕ウィンドウ〔テキスト編集〕ウィンドウ、または画面上(テキスト・ツールiconを使った文字編集画面)からクリップボードにカットまたはコピーしたテキストも、ペーストすることができます。

    〔ペースト対象項目〕ダイアログボックスを利用して、特定の項目のみをペーストすることも可能です。Shiftキーを押しながら〔編集〕メニューをクリックすると、このコマンドが〔選択した項目のみペースト〕に変わり、ペーストする項目を選択できます。

  • 連続ペースト ペースト先範囲を選択してこのコマンドを選択すると、〔連続ペースト〕ダイアログボックスが開き、コピーした範囲を複数回ペーストするように設定できます。縦方向または横方向に何回でもペースト回数を指定できます。
  • 選択した対象項目のみペースト・ペースト対象項目の選択 〔選択した対象項目のみペースト〕を選択するたびに、ペースト対象項目をフィルタリングするかどうかが切り替わります。〔ペースト対象項目の選択〕を選択すると〔選択された項目を消去〕ダイアログボックスが開き、変形図形、アーティキュレーション、小節幅、MIDI音楽ソフト、コンピュータ、MIDI楽器の間でやり取りするための、標準化されたプロトコルです。データなどの様々な楽譜要素から特定の項目を指定してペーストすることができます。コピー操作のとき、このダイアログボックスで選択した項目だけがコピーされます。楽譜のコピーをご参照ください。
  • レイヤー移動/コピー このコマンドを選択すると〔レイヤー移動/コピー〕ダイアログボックスが開き、Finaleの透明な五線レイヤー間で音符を移動することができます。レイヤー同士の入れ替えも可能です。例えばレイヤー1に間違って符尾を下向きにしたい音符を入力してしまった場合、レイヤー2の音符と交換できます。このコマンドは小節全体にのみ適用されます。複声部表記をご参照ください。
  • すべての項目を消去・選択した項目のみ消去 このコマンドは、(小節の全体か一部分かによらず)選択範囲内の内容を消去して、その分の音価に相当する休符を入力します。このコマンドは、範囲を選択してからCLEARキーを押すのと同じ動作をします。〔選択した項目のみ消去〕を選択すると、〔選択された項目を消去〕ダイアログボックスが開き、消去する項目(小節または音符に関連する項目)を指定できます。小節の一部分を選択してからこのコマンドを選択した場合、小節関連の項目は選択できません。
  • フレーズ検索の適用 このサブメニューを使用すると、他の範囲へアーティキュレーション、発想記号、スラー、その他の変形図形小節幅やレイアウト変更に合わせて伸縮する曲線や直線です。ページ表示モードで組段の改行に合わせて伸長する必要があるときは、自動的に分離します。をコピーする際の元となるフレーズの範囲が設定されます。小節の一部分を選択することも可能です。フレーズ検索の適用サブメニューをご参照ください。
  • 文字列の検索/置換 このコマンドを選択すると〔文字列の検索/置換〕ダイアログボックスが開き、テキストブロック、歌詞、ファイル情報、変形図形、五線名、グループ名といった形態の文字列に対して検索/置換ができます。
  • 小節を追加 このコマンドを選択すると〔小節の追加〕ダイアログボックスが開き、楽譜の末尾に小節を追加できます。
  • 小節ブロックを挿入 このコマンドを選択すると、指定した位置に小節ブロックが挿入されます。

    例えば組段に10本の五線がある場合、10本分の五線を選択する必要はありません。一部の五線の小節を選択することにより、すべての五線に小節が挿入されます。

  • 小節ブロックを削除 このコマンドを選択すると、編集中の小節が楽譜から削除されます。小節の一部分や特定の五線上の小節のみを選択した状態では、このコマンドは有効になりません。すべての五線上の小節ブロックを選択してください。小節ブロックを選択した状態でDeleteキーを押しても、同様に小節を削除できます。
  • 長休符 このサブメニューでは、長休符の分割、長休符の作成、個々の長休符の外観の変更をおこないます。長休符を変更するには、表示モードをページ表示にする必要があります。長休符サブメニューをご参照ください。
  • 小節属性の編集 このコマンドを選択すると〔小節の属性〕ダイアログボックスが開き、小節線スタイルの変更、小節幅の設定、調号と拍子表示/非表示など、小節の属性を変更することができます。
  • 音声入力を開始 このMacコマンドを選択すると、テキストフィールドにテキストを読み上げて入力できます。注:この機能は採譜には使用できません。Macに向かって歌うなどしても楽譜は表示されません。
  • 絵文字と記号 このMacコマンドを選択すると文字ビューアが開き、様々な記号を選択してテキストとして挿入できます。

関連トピック:

楽譜のコピー

キーボード・ショートカット

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標