新規作成サブメニュー

このメニューは、楽譜を新規作成するときに使います。

  • セットアップウィザードによる新規ファイル このコマンドを選択するとセットアップ・ウィザードが開き、楽器、曲情報、曲の設定を入力してファイルを自動作成することができます。このコマンドには、新規ファイル作成用のショートカットキー(COMMAND+N)がデフォルトで割り振られています(〔環境設定-新規〕ダイアログボックスの〔ウィンドウを開いた時の設定〕で、このショートカットキーを押したときの動作を変更できます)。
  • デフォルトの新規ファイル このコマンドを選択すると、Finaleのデフォルトファイルを使って新規の名称未設定ファイルが作成されます。デフォルトの新規ファイルは単一五線で構成され、発想記号、アーティキュレーション、反復記号、変形図形など、各記号を選択する各ダイアログボックスにデフォルトで表示される記号が含まれています。デフォルトファイルのカスタマイズ方法等については、デフォルトの新規ファイルをご参照ください。
  • テンプレートからの新規ファイル このコマンドを選択すると、Finaleに付属のテンプレートのいずれかを使って新規ファイルが作成されます。管弦楽、ジャズ、フルオーケストラなど様々なジャンル向けに設定された数十個の空白の楽譜が用意されているので、これらを利用することで自分で設定する手間が省けます。〔開く〕ダイアログボックスが表示されるので、目的のテンプレートファイルを選択してください。セットアップ・ウィザードが表示されるので、曲情報などを設定します。設定が完了したら、任意のファイル名を付けて保存することができます。〔テンプレートからの新規ファイル〕は、Finaleに付属のテンプレートファイル自体には変更を加えないので、その後同様の楽器構成の作業をするときも同じテンプレートを使用することができます。
  • 完全な新規ファイル 書式設定がなされていない完全に空の楽譜が表示されます。最初から独自に作成したい場合は、このオプションを選択してください。Finaleに付属のライブラリの一覧、および編集中のファイルにライブラリを読み込む方法については、Finaleライブラリをご参照ください。
  • トレーニングウィザード Finaleでは、スケールや音程に基づいた練習譜例を、アンサンブルのそれぞれの楽器ごとに自動的に作成することができます。 トレーニング・ウィザードをご参照ください。

関連トピック:

ファイル設定の再利用

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks