クォンタイズ設定ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

クォンタイズに関連するいくつかのダイアログボックスに〔クォンタイズ設定〕ボタンがあり、このボタンをクリックすると〔クォンタイズ設定〕ダイアログボックスが開きます。メニューからダイアログボックスを表示する手順は次のとおりです。

  • 〔MIDI/Audio〕メニューから〔クォンタイズ設定〕を選択します。

【機能について】

〔クォンタイズ設定〕ダイアログボックスでは、クォンタイズを適用する最小の音符の長さや、連符を採譜するかどうかなどの、クォンタイズに関するオプションを設定します。より細かいクォンタイズの設定が必要な場合は、〔詳細設定〕ボタンをクリックしてください。〔クォンタイズ詳細設定〕ダイアログボックスが表示されます。クォンタイズ詳細設定ダイアログボックスをご参照ください。

Finaleのクォンタイズは、シーケンス・ソフトでのクォンタイズ機能と多少異なります。シーケンス・ソフトでは、クォンタイズを実行すると、拍子により忠実に音を並べるために、音がスタート/ストップした位置、つまり音の長さを調節します。言い換えると、音がどう発せられるかを変えることになります。16分音符のみが存在する小節を4分音符でクォンタイズすると、この小節では4つの4分音符のみが演奏されることになります。

一方Finaleでは、クォンタイズは音符がどのように聞こえるかよりも、どのように表示されるかに影響を与えます。同じ16分音符のみが存在する小節を4分音符でクォンタイズすることによって、4つの4分音符が表示されますが、プレイバックでは16分音符が演奏されます。

Finaleでは、ページ上の楽譜の表示とまったく同じように再生させるように指示することもできますが、デフォルトではMIDIファイルを読み込んだ時および〔リアルタイム入力〕ツールを使用してリアルタイムで入力した際には、楽曲のプレイバックデータと楽譜の表示データを別々に保存します(例えば、スイングする曲で楽譜の表示を通常の8分音符で表記することができます)。詳しくはプレイバック・オプションダイアログボックスをご参照ください。

Finaleの初期設定ファイル(Fenaleプログラム本体と同じフォルダにあります)を新しい設定内容で更新するには、〔ファイル〕メニューから〔環境設定の保存〕を選択する必要があります。

  • もっとも短い音符 表示されているパレットから採譜したい最小の音符の音価を選択してください。指定したい音価がパレット上にない場合は、そのEDU値をテキストボックスに入力してください。3連の8分音符の長さは、普通の8分音符よりも短くなりますのでご注意ください。3連の8分音符が必要な場合、16分音符を最小の音符の長さとするか、EDUテキストボックスに「341」と入力してください(4分音符=1024 EDUなので、3連の8分音符は1024÷3=341となります)。
  • 連符を使用しない このオプションを選択すると、採譜時に3連符(および他のあらゆる連符通常の拍とは異なる音価(例えば2つ分の場所にに3つ入れる=3連符)を持つ音符です。3連符、5連符、6連符などがあります。)を認識しなくなります。すべての短い音符の単位は、16分音符、32分音符などの連符以外の音符で認識されます。
  • 連符を混合したリズム このオプションを選択すると、拍の中で音符が発音されたタイミングをもとにして、連符とそうではない音符の識別をします。このオプションを選んだ時は、コンピュータが正しく音価を判断できるように正確に演奏する必要があります。多少ゆっくりと演奏した方が、良い結果が得られるでしょう。
  • 1拍内の音数によって決定 このオプションを選択すると、拍の中でいくつの音符が演奏されたかに基づいて採譜させます。3つの音を(等間隔でなくても)拍内で演奏した場合は、それらを3連符として採譜します。4つの音を演奏した時には16分音符として記録されます。これらの特徴によって、3連符は正確に記録され、またスイングした8分音符は普通の8分音符として記録されます(スイングする曲では、一般的にこのように表記し、演奏用の指示として“Swing”と1小節目の上に表示します)。ただし、2つの16分音符と1つの8分音符だけを演奏した場合でも、3連符として採譜されます。
  • 詳細設定 このボタンをクリックすると、〔クォンタイズ詳細設定〕ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスでは、2声部の判別やキー・ベロシティの保持などの詳細なオプションの設定が可能です。クォンタイズ詳細設定ダイアログボックスをご参照ください。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、クォンタイズ設定が保存されて楽譜に戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると、変更を加えずにダイアログボックスを閉じます。

関連トピック:

MIDI/Audioメニュー

リアルタイム入力ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標