変形線形のスタイル ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔変形線形のスタイル〕ダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。〔変形図形〕メニューまたは〔変形図形〕パレットを使います。

  1. 〔変形図形〕ツールをクリックします。〔変形図形〕メニューが表示されます。
  2. 〔変形図形〕メニューから〔変形図形オプション〕を選択します。
  3. 〔変形線形〕の隣の〔選択〕ボタンをクリックします。
  4. 〔編集〕または〔作成〕をクリックします。

または

  1. 変形図形ツールiconを選択します。
  2. COMMAND+クリックで変形図形パレットの〔特殊ライン〕ツールを選択します。
  3. 〔作成〕または〔編集〕をクリックします。

【機能について】

〔変形線形のスタイル〕ダイアログボックスを使うと、変形線形のスタイルを新たに作成したり、既存の変形線形の編集をおこなうことができます。

  • 線の形状:実線・点線・キャラクタ この変形線形に使用するスタイルを選択します。
  • 水平に固定 作成する変形線形が必ず水平に配置され、斜めにならないようにするにはこのオプションを選択してください。
  • 線の位置調整:始点:横・テキスト後:改行:横・テキスト後:終了:横・テキスト前・縦 線がどこから始まりどこで終わるのか、楽譜上で表示されるハンドルからの上下の距離、テキストが始点、終点、改行点を避けるように配置するのかどうかを設定します。
  • 線幅 この設定で実線、点線の線幅を変更することができます。〔線の形状〕ポップアップ メニューから実線または点線が選択されている場合にのみ有効となります。
  • 点線の長さ・点線の間隔 ここでは点線の設定をおこないます。〔線の形状〕ポップアップ メニューから点線が選択されている場合にのみ有効となります。
  • キャラクタ・選択・縦(em)・フォント指定 変形線形として使用するキャラクタとフォントを設定します。〔フォント指定〕をクリックし〔フォント〕ダイアログボックスでフォントの種類、サイズ、スタイルを選びます。基本線の垂直方向の位置をem(ポイントを使った計測単位)で設定します。指定したフォントから実際に使用する記号を選び選択をクリックして決定します。フォントダイアログボックスキャラクタの選択ダイアログボックスをご参照ください。〔線の形状〕ポップアップ メニューから〔キャラクタ〕が選択されている場合にのみ有効となります。
  • 両端の形状:始点・終点:なし・プリセット矢印・選択・特殊矢印・選択・フック 線の始点、終点を指定の長さの矢印もしくはカギにしたい場合に使います。
  • テキスト:左開始テキスト・左改行テキスト・終了テキスト・中央正式名・中央省略名:編集・表示位置 作成した変形線形と文字の位置関係を設定します。〔編集〕をクリックし、〔テキスト編集〕ウィンドウでテキストを編集してください。〔表示位置〕をクリックし、テキストの位置を選択した図形との位置関係で設定します。テキスト編集ウィンドウをご参照ください。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると変形線形に加えた変更を確定します。〔キャンセル〕をクリックすると設定内容は破棄されます。楽譜上に戻ります。

関連トピック:

変形図形ツール

変形図形メニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標