コード・サフィックスの選択ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. コード・ツールiconを選択します。メニューバーに〔コード〕メニューが表示されます。
  2. 〔コード〕メニューから〔手動入力〕を選択します。
  3. コードネームがまだ割り付けられていない音符または拍をダブルクリックします。〔コード定義〕ダイアログボックス〔詳細定義を表示〕をクリックしてダイアログボックスを広げます。
  4. 〔設定〕欄の〔サフィックス〕の行にある〔選択〕をクリックします。
  5. すでに音符にコードネームが割り付けられている場合は、まず音符をクリックしてハンドルを表示し、そのハンドルをダブルクリックして、ダイアログボックスの〔詳細定義を表示〕をクリックして、〔サフィックス〕の行にある〔選択〕をクリックします。

または

  1. コード・ツールiconを選択します。メニューバーに〔コード〕メニューが表示されます。
  2. 〔コード〕メニューから〔手動入力〕を選択します。
  3. 音符または拍のクリックして、コード入力カーソルを表示させます。
  4. コードのルートを入力し、続いて「:0」と入力します(例:C:0)。

【機能について】

〔コード・サフィックスの選択〕ダイアログボックスには、現在開いているファイル内で作成した(またはライブラリから読み込まれている)コード・サフィックスが表示されます。このダイアログボックスでは、任意のサフィックスを選択、削除、編集することができます。また、ここから〔コード・サフィックス編集〕ダイアログボックスを表示すると、サフィックスの新規作成や編集がおこなえます。選択リスト上のそれぞれの記号の左上部に表示されている番号は、その記号のリスト上での番号を表しています。他のダイアログボックスでアーティキュレーションを指定する場合に、この番号を指定するとこのダイアログボックスを介さずに指定することが可能です。選択リスト上のそれぞれの記号の右上部に表示されている括弧つきの数字またはアルファベットは、そのアーティキュレーションに割り当てられているマクロ機能のキーを表します。

  • 編集 〔コード・サフィックスの選択〕ダイアログボックスでサフィックスを一度クリックして選択してから〔編集〕をクリックすると、〔コード・サフィックス編集〕ダイアログボックスが開き、サフィックスの表記方法や再生の設定を変更することができます。サフィックスを編集すると、楽譜上にすでに配置されている同じサフィックスすべてに対しても、変更が自動的に反映されます。このことを利用すれば、「Gdim7」と表示されている部分をすべて「G°7」に変更することができます。
  • 作成 〔コード・サフィックスの選択〕ダイアログボックスでサフィックスが見つからない場合は、この〔作成〕ボタンをクリックして〔コード・サフィックス編集〕ダイアログボックスを開き、新たにサフィックスを作成します。
  • 複製 このボタンをクリックすると、選択したコード・サフィックスをコピーして、〔コード・サフィックス編集〕ダイアログボックスで変更を加えることができます。複数の項目を選択することも可能です。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、COMMAND+クリックしてください。
  • 削除 サフィックスをクリックで選択してからこのボタンをクリックすると、そのサフィックスがリストから削除されます。複数の項目を選択することも可能です。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、Ctrl+クリックしてください。削除しようとしているサフィックスがすでに楽譜上で使用されている場合は、〔記号の削除〕ダイアログボックスが表示されて、削除する際のオプションを選択することができます。詳しくは記号の削除ダイアログボックスをご参照ください。
  • 上へ移動・下へ移動 リスト上で項目を選択してから〔上へ移動〕または〔下へ移動〕をクリックすると、選択した項目がリスト内で上下に移動します。複数の項目を選択することも可能です。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、COMMAND+クリックしてください。
  • [拡大/縮小ボタン] 選択項目の表示を拡大/縮小します。ダイアログボックスの右下隅をドラッグすると、ダイアログボックスのサイズを変更できます。
  • キャンセル 〔キャンセル〕をクリックすると、サフィックスを選択せずに〔コード定義〕ダイアログボックスに戻ります。
  • 図形:選択 〔コード・サフィックスの選択〕ダイアログボックスでサフィックスをクリックした状態で〔選択〕をクリックすると、〔コード定義〕ダイアログボックスに戻ります。選択したサフィックスの番号が〔コード・サフィックス〕に入力され、(〔OK〕をクリックすると)楽譜上にサフィックスが表示されます。〔選択〕ボタンをクリックする代わりに、リスト上でサフィックスをダブルクリックしてもかまいません。

ヒント: 似たようなサフィックスを選択して〔複製〕した上で必要な編集を加えると、効率よくサフィックスを作成することができます。

関連トピック:

コード定義ダイアログボックス

コードツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標