現在地: 機能マニュアル > ダイアログボックス > C > コード・サフィックス編集ダイアログボックス

コード・サフィックス編集ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. コード・ツールiconを選択します。メニューバーに〔コード〕メニューが表示されます。
  2. 〔コード〕メニューから〔手動入力〕を選択します。
  3. 楽譜上で、コードネームを追加したい拍をダブルクリックします。〔コード定義〕ダイアログボックスが表示されます。

    音符にすでにコードネームが付いている場合は、ハンドル楽譜上で選択可能な項目に表示される、小さな四角形です。ハンドルを使って楽譜要素の選択、編集、調整ができます。を右クリックまたはCONTROL+クリックして〔コード定義の編集〕を選択し、現在のコードネームを編集します。

  4. 〔詳細定義を表示〕をクリックしてダイアログボックスを拡大します。
  5. 〔サフィックス〕欄の〔選択〕をクリックします。〔コード・サフィックスの選択〕ダイアログボックスが表示されます。
  6. 〔作成〕をクリックします。

    作成済みのコードサフィックスを編集する場合は、〔サフィックス〕欄の〔編集〕をクリックすると〔コード・サフィックス編集〕ダイアログボックスが表示されます。

【機能について】

〔コード・サフィックス編集〕ダイアログボックスでは、コード・サフィックスの作成、編集を行います。Finaleは、コードというものを、ルート音とそこからある間隔で積み重ねられた音の集まりとして認識しており、ルートを除いた部分の音の重なり方をサフィックスとして分類し把握しています。したがって、例えばCmaj7とFmaj7では、サフィックスの音とルート音の関係が同じため、同じサフィックスが使用されます。

サフィックスの文字はそれぞれにフォント、大きさ、位置を指定することができ、例えば下付きや上付きの数字も使用できます。サフィックスは一度に1文字しか編集できず、文字間の移動は〔次へ〕と〔戻る〕ボタンを使用します。〔コード・サフィックス編集〕ダイアログボックスを使用すると、サフィックスの外観をデザインしたり、再生時の発音構成(ボイシング)を登録することができます。

また、Finaleの自動解析モード(MIDI入力を使用、1本の五線から解析、2本の五線から解析)のいずれかを使ってコードを入力する場合は、このダイアログボックスを使って新しいコードネームを登録することができます。〔未知のコード・サフィックス〕ダイアログボックスが表示されたら、〔自分で作成〕をクリックして 〔コード定義〕ダイアログボックスを開き、新しいコードネーム(および必要に応じてサフィックス)を作成します。次に同じコードを演奏した時には、(オクターブ、ルート、転回形などが異なっていても)Finaleは表示するコードネームを検索することができます。

ヒント: この学習機能は“ルート相対”によって行われます。つまりハ調のCmaj6を学習させた場合、FinaleはルートCに長6度の音を加えた和音を記憶します。つまり、ト調のGmaj6やイ調のAmaj6など調が異なっても解析することができます。

  • [コードサフィックスのプレビュー] 作成・編集中のサフィックスがプレビュー表示されます。
  • キャラクタ・[テキストボックス] 〔キャラクタ〕をクリックすると〔キャラクタの選択〕ダイアログボックスが開き、サフィックスに使用する単一文字を選択できます。〔キャラクタ〕テキストボックスには、現在選択している文字が表示されます。新しいサフィックスを作成している時は、テキストボックスには何も表示されていません。サフィックスの先頭文字を入力して〔次へ〕をクリックすると、プレビューに表示されます。〔キャラクタ〕テキストボックス内の文字は、別のフォントが指定されていてもつねにシステムフォントで表示されます。ただし表示エリアでは、指定したフォントを使用して表示されます。

    通常〔キャラクタ〕テキストボックスには一度に1文字しかタイプできませんが、(〔数字〕を選択して)数字を入力する場合は複数の数字を入力できます。

  • 数字 コード・サフィックスに追加するキャラクタが数字の時にこのオプションを選択すると、〔キャラクタ〕ボックスに複数桁の数字を一度に入力することができます。例えば、〔数字〕を選択すれば「13」という数字を一度に入力できますが、選択しなければ「1」と「3」を別々のキャラクタとして1桁ずつ入力しなければなりません。
  • 変化記号:フラット・シャープ・マイナス・プラス 〔変化記号〕チェックボックスを選択すると、4種類の変化記号が使用可能になります。これらの記号は数字と組み合わせて(例えば「-9」のように)使われますが、アルファベットと組み合わせてもかまいません。コード・サフィックスの文字や数字それぞれに別のプリフィックスを付けることができます。

    変化記号に使用するフラットとシャープのフォントスタイルを変更するには、〔ファイル別オプション-フォント〕ダイアログボックスを使います(〔コード〕ポップアップ メニューから〔変化記号〕を選択して〔フォント指定〕をクリックします)。

  • 選択した計測単位が大きすぎたり小さすぎたりして操作できない場合は、値を入力するときに単位または省略形を含めることにより、グローバルな選択を上書きできます。 または、Finale > 計測単位で目的の単位を選択して、このダイアログボックスで使用されるデフォルトの計測単位を設定できます。

  • 横・縦 このテキストボックスの数値は、コード・サフィックスのハンドル楽譜上で選択可能な項目に表示される、小さな四角形です。ハンドルを使って楽譜要素の選択、編集、調整ができます。(サフィックス左下隅の、縦横の位置基準線が交差する点)から現在選択されている文字までの距離を決める座標です。コード・サフィックスのハンドルの座標は0です。〔横〕のボックスでは水平方向の距離(正の値は右、負の値は左へ)、〔縦〕のボックスでは垂直方向の距離(正の値は上、負の値は下へ)を設定します。

    選択されている文字のハンドルをドラッグすると、ハンドルの移動に応じて各ボックスの値が変わります。他の文字との位置関係を微調整したい場合は、各ボックスに直接数値を入力して正確に位置を決めることもできます。各ボックスに新しい値を入力して〔次へ〕をクリックすると、新しい位置を確認することができます。(注:新しい文字を追加すると、自動的に最後の文字から一定の距離をおいた位置へ挿入されます。)

  • ハンドルを表示 Finaleは通常、現在選択されているキャラクタをドラッグして移動できるように、そのキャラクタの左下にハンドルを表示しますが、例えば、小さなキャラクタがハンドルに隠れて見えづらい場合などは、〔ハンドルを表示〕のチェックを外せば一時的にハンドルを非表示にすることができます。非表示にした場合も本来ハンドルが表示されるあたりをクリックしてドラッグすると、そのキャラクタを動かすことができます。
  • 発音構成 このボタンをクリックすると〔サフィックス発音構成定義〕ダイアログボックスが開き、そのコードのプレイバック時に使用する発音構成を定義することができます。
  • フォント指定 このボタンをクリックすると〔フォント〕ダイアログボックスが開き、選択されている文字のフォントを指定することができます(ただしサフィックス内の文字に対して1つでも〔サイズ固定〕を選択すると、サフィックス全体が変化記号も含めて、固定サイズで扱われます)。ひとつのサフィックス内で複数のフォントを組み合わせて使用する場合にこのボタンを使用します。例えば、選択しているサフィックスにハーフディミニッシュ記号(ø)を使用する場合、Kousakuフォントで該当する記号を選択することができます(〔キャラクタ〕テキストボックスでは、〔フォント指定〕ボタンで選択したフォントに関係なく、システムフォントで現在の文字が表示されます)。フォントをご参照ください。

    すべてのサフィックスのフォントを別のフォントに変更する場合は、このボタンを使用するのではなく、〔コード〕メニューの〔サフィックス・フォントの変更〕コマンドを使用してください。また、すべてのコードネームの(サフィックスではなく)ルートの部分に使うフォントを変更したい場合は、〔ファイル別オプション-フォント〕ダイアログボックスの〔コード〕ドロップダウンリストから〔キャラクタ〕を選択し、〔フォント指定〕ボタンで指定します。さらに、同じドロップダウンリストから〔変化記号〕を選択すると、コードネームのルートに付ける変化記号(例えばEなど)のフォントを設定することができます。サフィックス内の変化音に表示されるフラットやシャープも同様です。

  • 戻る・次へ (文字や数字は一度に1つずつしか編集できないため)このボタンを使って、コード・サフィックス内の編集対象となる文字を移動します。末尾の文字を選択している(〔キャラクタ〕テキストボックスに文字が表示されている)状態で〔次へ〕をクリックすると、文字を追加する場所が新たに確保され、直前にある文字と重ならない位置を自動的に計算して、新しい文字のためのハンドルが表示されます。
  • キャンセル・OK 〔OK〕をクリックする(またはRETURNを押す)と変更が確定します。〔キャンセル〕をクリックすると変更が破棄されます。〔コード定義〕ダイアログボックスまたは〔コード・サフィックスの選択〕ダイアログボックスに戻ります。新しくコード・サフィックスを作成した場合は、この時点で〔コード・サフィックス選択〕ダイアログボックスに登録されます。

関連トピック:

コードネーム

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標