特殊な調号ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 調号ツールiconを選択し、調号を変更する小節をダブルクリックします。〔調号〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. ポップアップ メニューから〔特殊〕を選択します。

【機能について】

特殊な調号に、例を用いたチュートリアルがあります。

このダイアログボックスでは、音符間の半音の数に基づいて、様々な形式の調号を作成することができます。ここから開く5つのダイアログボックスを使用して、128種類の規則的・変則的な調体系を作成できます。これらの調号は楽譜上のどの部分にも適用可能です。

  • [スクロールバー] このスクロールバーを使用して規則的な調体系の調号を選択できます。標準の調体系は規則的な調体系です。五度圏による順序でCからF、FからBfというように調整ができます。

    変則的な調性が設定されている場合、このスクロールバーは無効です。変則的な調性では規則的な調体系にはあてはめることができないため、スクロールバーを使用することはできません。

  • 主音の変化:(番号)・半音の変化:(番号) これらのインジケータは、主音の変化(調号のルート)を特定します。スクロールバーを動かして調号を変化させると、インジケータも変化します。〔主音の変化〕は、現在表示されている調号の主音が全音階でCからどのくらい離れているかを示します。〔半音の変化〕は、その音から半音階でいくつ移動させるかを表します。

    例えば、Gメジャー(ト長調)の調号が表示されている場合、GはCより4つ離れた音符なので〔主音の変化〕の値は4です(〔半音の変化〕は0です)。一方、Efメジャー(変ホ長調)の〔主音の変化〕は2で、〔半音の変化〕は-1ですEfはCより2音階分上ですが、半音によって1つ下げられています)。

  • 変化記号の数:(番号) このインジケータは現在表示されている調号の変化記号の数を示しています。この数値の範囲は -127(127個のフラット)から127(127個のシャープ)までですが、通常は、このような上限値/下限値は使われません。
  • 規則的な調体系 規則的な調体系の音階は全音と半音の規則的な繰り返しで構成されます。例えば、一般的な長音階は規則的な調体系です。Finaleでは、これを「規則的な調体系0」と呼びます。〔戻る〕や〔次へ〕のボタンを使って、64個までの規則的な調体系を定義することができます。一方、スクロールバーではそれぞれの調体系での異なる調を調整できます。

    〔次へ〕をクリックすると、規則的な調体系1が選択されます。これは一般的な短音階です。この調体系はドではなく、ラを音階の始めの音とします。これらの調体系はすでに設定されているため、〔順序配置〕と〔属性〕アイコンのみが有効になっています。調体系2以上を選択すると、5つのアイコンすべてが有効になります。

    規則的な調体系は必ずしも五度圏に従う必要はありません。例えば、六度圏の調体系を作成することもできます。(1) 全音階の総数が奇数で、(2) 各調の音階が全音と半音の繰り返しの体系をもち、(3) 音階の半分ずつが全音と半音の繰り返しの体系(例えば、標準音階の4和音)をもつ場合、規則的な調体系、シャープ、フラットは、標準の調体系のように連続的に加えられます。

  • 変則的な調性 変則的な調性は五度圏を使用せず、調に規則性がありません。規則的な調体系は調号の間に関連性がありますが、変則的な調性は関連性がありません。例えば、変則的な調性では音階のどの音符にも1つのシャープと1つのフラットを付けることができ、その位置に規則は必要ありません。

    変則的な調性は他の調号の間に進行の関連性がないので、〔変則的な調性〕ボタンを選択するとスクロールバーが無効になります。

  • キーマップ このボタンをクリックすると、〔キー・ステップ・マップ〕ダイアログボックスが開き、1オクターブの音階数と音階間の距離を指定できます。
  • 順序配置 このボタンをクリックすると、〔変化記号の順序と配置〕ダイアログボックスが開き、表示させたい変化記号やその配置を指定できます。
  • 主音 このボタンをクリックすると、〔主音の設定〕ダイアログボックスが表示され、それぞれの新しい変化記号の表示に対する主音の設定つまり“ルート”を指定することができます。
  • オクターブ このボタンをクリックすると〔変化記号のオクターブ位置〕ダイアログボックスが開き、各音部記号に基づいてそれぞれの変化記号を表示させたいオクターブを指定できます。
  • 属性 このボタンをクリックすると、〔調の属性〕ダイアログボックスが開き、独自に設定した調の様々な属性を指定することができます。例えば、通常のシャープやフラットの代わりに使用する特殊なキャラクタを選択できます。
  • 戻る・次へ 別の〔規則的な調体系〕(または〔変則的な調性〕)を選択するときにこのボタンを使用します。ただし、規則的な調体系の「0」と「1」はそれぞれ一般的な長調と短調の調体系としてすでに設定されていますので注意してください。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックして、調号の設定を続行してください。〔キャンセル〕をクリックすると調号を変更せずに〔調号〕ダイアログボックスを閉じます。

関連トピック:

調号

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標