フォント付加情報ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. Finale > 環境設定を選択して、〔編集〕を選択します。
  2. 〔フォント付加情報〕ボタンをクリックします。

【機能について】

現代のフォント技術は文字幅や行送りなど、テキストを表現することに主眼をおいて開発されていますが、いわゆる“記号”を表現するフォントではしばしばもっと詳細な情報が要求されることがあります。この〔フォント付加情報〕ダイアログボックスでは、それぞれのフォントのそれぞれのキャラクタ(フォント中の1つの文字)の高さや幅の情報を細かく調整することができ、〔選択〕ツールの使用時にそれぞれのキャラクタを選択しやすくしたり、フレックス・スラーが記号類と衝突するのを回避する際の目安にすることができます。Finaleの出荷時に同梱されているそれぞれのフォントについては、すでに調整済みのフォント付加情報ファイルが用意されています。その他の記譜用フォントを使用される場合は、そのフォント用のフォント付加情報ファイルを独自に作成することにより同等の効果を得ることができます。

フォント付加情報(.FAN)ファイルは、「フォント付加情報」フォルダに置かれていてFinaleの起動時に自動的に読み込まれます。「フォント付加情報」フォルダの設定については、環境設定-編集ダイアログボックスをご参照ください。

  • キャラクタ:選択・フォント指定  〔選択〕ボタンを押すと〔キャラクタの選択〕ダイアログボックスが表示され、フォントのキャラクタの一覧の中から編集したいキャラクタを選択できます。編集したいキャラクタの番号が分かっている場合は、隣のテキストボックスに直接入力してください。別のフォントを編集する場合は〔フォント指定〕ボタンをクリックします。現在選択中のフォントはボタンの下に表示されます。
  • 原点・ベースライン  これらのテキストボックスには、そのキャラクタに設定された範囲枠の上下左右それぞれの値が表示されます。
  • 範囲枠:上・左・右・下  これらのテキストボックスには、そのキャラクタに設定された範囲枠の上下左右それぞれの値が表示されます。
  • フォントの最大高を表示  このボックスをチェックすると、画面上にそのフォントに含まれる一番大きいキャラクタの文字の高さを示す青い線が表示されます。
  • 範囲枠を表示  このボックスをチェックすると、画面上にそのキャラクタの大きさを示す赤い枠線が表示されます。チェックを外すと枠線は非表示になります。
  • 座標軸を表示  このボックスをチェックすると、画面上にそのフォントの原点とベースラインを示す緑の線が表示されます。
  • 表示_% ポップアップメニューから画面の表示倍率を選択します。虫めがね(+)ボタンをクリックすると表示倍率が1段階上がり、虫めがね(-)ボタンをクリックすると表示倍率が1段階下がります。
  • 中央に表示  このボタンをクリックすると、そのフォントの最大高の中央に合わせて画面を表示し直します。
  • リセット  このボタンをクリックすると、そのキャラクタの設定が、そのフォントの標準設定に戻ります。
  • 新規・保存・開く・別名で保存  このボタンは、フォント付加情報(.FAN)ファイルを取り扱うときに使います。新しいフォント付加情報ファイルを作成するには〔新規〕をクリックし、設定を保存する際は〔保存〕ボタンをクリックします。また、既存のファイルを編集するには〔開く〕をクリックし、編集中の設定を別名で保存する場合は〔別名で保存〕をクリックします。
  • 自動設定  このボタンをクリックすると、選択したキャラクタのフォント付加情報が自動作成されます。キャラクタの最も小さい範囲枠に合わせて、付加情報の枠が設定されます。フォント付加情報ファイルが見つかりません ダイアログボックスもご参照ください。
  • 一括自動設定  このボタンをクリックすると、選択したフォントの全キャラクタのフォント付加情報が自動作成されます。選択しているフォントのすべてのキャラクタに対して、最も小さい範囲枠に合わせて付加情報の枠が設定されます。フォント付加情報ファイルが見つかりません ダイアログボックスもご参照ください。
  • OK・キャンセル  〔OK〕をクリックすると、フォント付加情報の設定を変更して〔環境設定〕ダイアログボックスに戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると、設定の変更を破棄して〔環境設定〕ダイアログボックスに戻ります。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標