オーディオとオーディオファイル

Finaleのオーディオ関連オプションを使うと、楽譜ファイルにオーディオトラックを追加して、ライブ演奏を録音したり、外部のオーディオファイルを楽譜ファイルに挿入したりできます。また、楽譜ファイル自体をオーディオファイルとして保存することもできます。プレイバック時のサウンド品質を損なわずにオーディオファイルが作成されます。

Finaleにはオーディオ編集機能はありません。オーディオファイル自体に変更を加えるには、オーディオ編集ソフト(Pro Tools、Sonar、Cubaseなど)をお使いください。

Finaleのオーディオトラックに読み込めるファイルの形式は Wave、AIFF、MP3です。Finaleの楽譜ファイルにオーディオトラックを追加する方法については、「オーディオファイルをインポートするには」をご参照ください。リアルタイム入力でオーディオを録音する方法については、「オーディオトラックへ録音するには」をご参照ください。楽譜ファイルと同様にオーディオトラックでも、ミキサー画面とスタジオ表示のパートコントローラーを使ってボリューム、パンニングなどのプレイバックパラメータを調節できます。スタジオ表示をご参照ください。

Finaleでは、Audio Units音源を使用してオーディオファイルをエクスポートする際には、MP3形式を選択することはできません。

Finaleで作成したファイルを標準のAIFFファイル形式で保存してCDに焼いたり、圧縮MP3形式で保存して自分のコンピュータに保存したり、インターネットを介してファイルを転送したりできます。「オーディオファイルをエクスポートするには」をご参照ください。Finaleでは、FinaleファイルのMIDI演奏をもとにオーディオファイルが作成されます。サウンドは、Finale の「Audio Support」フォルダにインストールされている「synthgms.sf2」というGeneral MIDIサウンドフォントが使われます(お使いのコンピュータでのファイルの保存場所については、Finaleインストール先フォルダの詳細をご参照ください)。このファイルには、オーディオファイルを記録するためのサウンドが収められています。別のGeneral MIDIサウンドフォントを使用するには、〔MIDI/Audio〕メニューの〔デバイスのセットアップ〕から〔MIDI/内蔵スピーカーの セットアップ〕を選択し、SmartMusic ソフトシンセの設定〕をクリックし、〔選択〕をクリックして、別のサウンドフォントを開きます。

オーディオファイルをCDに書き込むには、CD作成ソフトウェアに付属のマニュアルに従ってファイルをトラックへと構成し、レコーダブルCDに書き込みます。

関連トピック:

オーディオトラックへ録音するには

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標