拍の位置

Finaleでは、小節内のそれぞれの拍の位置を、音価比率ではないスペーシングで決定しています。例えば、小節の幅は同じでも、2分音符と8分音符4つが入っている小節と8分音符4つと2分音符が入っている小節とでは、小節内での拍の位置が違ってきます。詳しくはファイル別オプション-スペーシングをご参照ください。

(〔自動スペーシング〕機能を使用している場合)各小節には拍図表が作成され、ハンドルを使って拍の位置を左右にドラッグすることができます。拍を動かすのとそのパートの音符を動かすのとは厳密には意味が異なります。拍を動かした場合、その拍に当てはまるすべてのパートの音符は一斉に移動します。

選択した小節に拍図表を作成するには

小節に拍図表が作成されるまでは、小節内のそれぞれの拍の位置は個別にはコントロールできません。〔スペーシング〕コマンドを特定の小節に実行すると、音符の位置を調整してその小節に拍図表を作成します。詳しくはファイル別オプション-スペーシングをご参照ください。これに対して、以下の方法では、選択した小節の中にある現在の音符の位置に影響を与えることなく拍図表を作成することができます。

  1. 小節ツールを選択して、小節の小節線ハンドルをダブルクリックします。〔小節の属性〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 〔音符配置〕ポップアップ メニューから〔拍図表を使用〕を選択します。〔OK〕をクリックします。
  3. 選択ツールを選択します。
  4. 〔編集〕メニューから〔ペースト対象項目の選択〕を選択します。
  5. 〔音符配置〕をクリックします。
  6. 〔OK〕をクリックします。
  7. 楽譜上に戻り、コピー元の小節をコピー先の最初の小節にドラッグします。ここで、希望するコピー回数を入力して〔OK〕をクリックします(またはRETURNを押します)。

この操作をおこなうには、小節に拍図表が作成されている必要があります。(ファイル別オプション-スペーシングもしくは上記「選択した小節に拍図表を作成するには」をご参照ください。)

拍を移動するには

  1. 小節ツールを選択します。各小節に2つのハンドルが重なった状態で表示されます。
  2. 作業したい小節の下の小節線ハンドルを選び、クリックします。小節の上に拍図表が表示されます。ハンドルの上の列は、拍子に基づいた拍の位置(スペーシングをする前の状態)を示します。下のハンドルをドラッグすると、すべての五線で拍の位置を変えることができます。

    下の小節線ハンドルをクリックすると、拍図表が表示されます。拍図表の上の列のハンドルは音価比率によるスペーシングに基づいた拍の位置を表示し、下の列のハンドルをドラッグすることにより、拍の位置を調整することができます。

  3. 希望する拍を横方向に移動します。Shiftキーを押しながらドラッグすると、そのハンドルよりも右にあるすべてのハンドルが追従して動きます。上の列にあるハンドルとハンドルの間をダブルクリックすると、新たなハンドルが表示されてそれらの中間の拍の位置をコントロールできるようになります。
  4. 上の列にあるハンドル(1つ目のハンドルは除く)のどれかをダブルクリックすると、〔拍図表の調整〕ダイアログボックスが表示されます。

設定した位置情報を他の小節にコピーする場合は、〔プログラム・オプション-編集〕〔自動スペーシング〕をオフにする必要があります。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks