符頭の設定ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 道具箱ツールを選択して、調整したい音符を含む小節をクリックします。
  2. 〔符頭変更〕ツールをクリックします。それぞれの符頭に対してハンドルが表示されます。
  3. ハンドルを右Control+クリックして〔編集〕を選択します。

【機能について】

この〔符頭の設定〕ダイアログボックスでは、符頭の本来の位置からの横方向への相対的な位置と、符頭のサイズ、キャラクタなどを指定することができます。

  • 位置設定:横・縦・縦方向にも移動可能にする 符頭を本来の位置からどれだけずらしたいかを、数値で指定してください。正の値を入力すると符頭は右へ、負の値を入力すると左へ移動します。このダイアログボックスでは、Finale > 計測単位で指定されている測定単位が使われます。〔縦〕のボックスに数値を入力する場合は、〔縦方向にも移動可能にする〕にチェックを入れてください。
  • サイズ:拡大縮小率  このテキストボックスでは、符頭の縮小あるいは拡大の割合を、デフォルトのサイズに対するパーセンテージで指定します。
  • フォント:デフォルトの臨時記号フォントを使用・フォント指定・[フォント名]  〔ファイル別オプション〕ダイアログボックスの〔フォント〕欄で符頭に指定されているフォントと同じものを使用する場合は、〔デフォルトの符頭フォントを使用〕にチェックを入れます。それ以外のフォントを使用したい場合は、〔フォント指定〕のボタンをクリックします。〔フォント指定〕ボタンの下には、現在選択されているフォントの名前が表示されます。
  • 別のキャラクタ:デフォルトのキャラクタを使用・選択  選択した符頭に対して、〔ファイル別オプション〕ダイアログボックスの〔音符/休符〕欄で指定されているデフォルトのキャラクタを使用する場合は、このチェックボックスにチェックを付けます。〔選択〕ボタンをクリックすると、〔キャラクタの選択〕ダイアログボックスが表示され、選択されている符頭に対して別のフォント・キャラクタを選択することができます。
  • OK・キャンセル  〔OK〕をクリックすると、符頭の変更が適用されて楽譜上へ戻ります。先ほどクリックしたハンドルを左右にドラッグして連桁を伸縮させることができます。〔キャンセル〕をクリックすると、符頭を変更せずにダイアログボックスを閉じます。

関連トピック:

道具箱ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks