ステップ入力ツール

ステップ入力の概要を動画でご覧いただけます。クイックスタートビデオ:ステップ入力(拡張キーボード)ステップ入力(ノートPC)

〔ステップ入力〕ツールをクリックすると、様々な音価(4分音符、8分音符など)や、装飾音符、臨時記号、連符などを入力するためのツールが配置されたステップ入力パレットが表示されます(ステップ入力パレットが表示されていない場合は、〔ウィンドウ〕メニューから〔ステップ入力パレット〕を選択してください)。このパレットから、これから入力する音符の音価、臨時記号、タイ、連符などを選びます。〔ステップ入力〕パレットは複数のツールを選択できるので、複数の特性(例:付点とシャープの付いた8分音符など)を一度に指定できます。また、選択中のツールのどれか1つをダブルクリックすると、他に選択されているツールの選択が解除されます。ツールを選択したら、楽譜上をクリックして音符を目的の位置に入力します。高速に入力するには、コンピュータのキーボードだけを使って(場合によってはMIDIキーボードも利用しながら)入力する方法があります。この場合、キー操作によりパレットのツールを選択し、ステップ入力カーソルステップ入力のとき、次に入力する音符を表す縦線です。Returnキーを押すと、ステップ入力カーソルに表示されているピッチ(音高)の音符が入力されます(ピッチは上下の矢印キーで変更できます)。または、コンピュータのキーボードで音名に対応する英字キーを押すか、(〔ステップ入力〕メニューの〔MIDIキーボードを使用〕を選択して)MIDIデバイスで1つ以上のピッチを演奏します。ステップ入力カーソルを使用するには、〔ステップ入力〕メニューの〔ステップ入力オプション〕を選択して、〔ステップ入力カーソルを使用〕にチェックを付けてください。を使って音符を入力します。ステップ入力カーソルとは、ワープロソフトのカーソルに似た働きをするもので、音符を1つ入力するごとに右に移動します。

マウス、コンピュータキーボードのどちらを使う場合でも、修飾キー(Ctrlキー、Shiftキーなど)を使ったキー操作で、直前に入力した音符の編集やアーティキュレーションの追加、音部記号、調号、拍子記号の変更などがその場でおこなえます。ステップ入力のキーボードコマンドの一部は、デスクトップコンピュータ用キーボードの右手にある数字キーを使います。この数字キーを使ったキー入力を指す場合、この章では「テンキー(操作)」という言葉を使います(例:テンキーの5を押して4分音符を選択)。「テンキー」と指定していないキー操作は、通常のキーボード(標準のデスクトップ用キーボードに並んでいる文字キーと数字キー)を使います。

Finale の「チュートリアル」フォルダにある「ステップ入力の練習.MUSX」ファイルを開くと、実際にステップ入力の練習をすることができます。

効率よく作業するには:

関連トピック:

ステップ入力

ステップ入力オプション ダイアログボックス

メイン・ツール・パレット

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks