選択ツール

〔選択〕ツールはFinaleの操作全体を通じて使用できる編集ツールです。小節範囲をはじめ、楽譜のほぼすべての項目を選択ツールで選択できます。項目を選択して、移動、削除、コピー、ペーストなどの編集作業をおこないます。

選択ツールを使用すると、歌詞やスラー、アーティキュレーションなどの記号をクリックして選択し、移動、編集、削除などを実行できます。さらに高度な編集が必要な場合は、選択した項目をダブルクリックすると適切なツールに自動的に切り替わります。選択ツールは、小節(小節ツール/編集メニュー/ユーティリティメニュー)、音符(ステップ入力)、変形図形、発想記号、アーティキュレーション、反復記号、歌詞、コードネーム/フレッドボード、テキストブロック、グラフィック、括弧、小節番号、連符、調号、拍子記号、音部記号、オシア、五線名、グループ名に対して有効です。

選択ツールで楽譜の一部分(単一音符、小節、楽譜全体など)を選択して、選択範囲内の音楽要素すべてを一度に編集することができます。例えば、選択した小節のスペーシング、小節幅、レイヤー設定、符尾の方向、連桁の連結パターンなどを変更できます。選択範囲内の音符を対象に、連桁の再連結、小節線の引き直し、移調、アーティキュレーション割り付けをおこなうこともできます。

選択ツールで選択した楽譜要素を別の場所にコピーすることもできます(別のファイルへのコピーも可能です)。さらに、選択範囲内の特定の項目、例えばアーティキュレーション、コードネーム、歌詞、発想記号、MIDIコントロールデータだけを、他の項目に影響することなく楽譜上から消去することもできます。消去楽譜のコピーをご参照ください。

効率よく作業するには:

ヒント: 選択ツールを使った操作を取り消すには、操作の直後に〔編集〕メニューから〔取り消し〕を選択するか、COMMAND+Zキーを押します。

関連トピック:

メイン・ツール・パレット

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks