五線の特性 ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. テンポ・ツールiconを選択します。メニューバーに〔五線〕メニューが表示されます。
  2. 〔五線〕メニューから〔五線の特性〕を選択します。

【機能について】

〔五線の特性〕ダイアログボックスでは、組段内の五線と直上の五線との距離を指定できます。スクロール表示時に〔五線の特性〕ダイアログボックスを開くと、五線全体の上下位置を調整できます(ページ表示とスクロール表示の間で五線間距離の設定は連動しません)。

  • 五線の特性:全体・組段<組段番号> スクロール表示では「全体」と表示されます。この場合、指定した距離が楽譜全体に適用されます。ページ表示では、「組段#」(#は設定中の組段の番号)と表示されます。ページ表示(「組段」)で距離を変更しても、スクロール表示(「全体」)には変更が適用されません。ページ表示とスクロール表示で別々に距離を指定します(ページ表示時の楽譜全体の五線間距離をスクロール表示の五線間距離に合わせるには、〔五線の間隔変更〕ダイアログボックスで〔スクロール表示での間隔に設定〕を選択してください)。
  • 五線 このポップアップ メニューをクリックすると、五線のリストが作成順に表示されます。楽譜に作成されている五線の一覧を確認できます。
  • 直上の五線からの距離・プレビュー この数値は、五線の第5線から直上の五線の第5線までの距離を表します。プラスの数値を入力すると対象五線が下に移動します。「0」を入力すると、2つの五線が重なります。入力する数値の単位は、Finale > 計測単位で指定します。〔プレビュー〕をクリックすると、ダイアログボックスを開いた状態で変更が適用されます。

    ヒント: Finaleは、ここに入力された数値を五線の開始位置ととらえます。ページ表示や印刷譜面での表示内容は〔サイズ〕ツールでの設定によっても変化します。

  • OK・キャンセル 変更を破棄してダイアログボックスを閉じるには、〔キャンセル〕をクリックします。 変更を確定してダイアログボックスを閉じるには、〔OK〕をクリックします。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標