連続して値を増減ダイアログボックス(ベロシティ)

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. MIDIツールiconを選択します。〔MIDIツール〕メニューが表示されます。
  2. 小節範囲を選択しますMIDI ール ダイアログ・ボックスで作業している場合は、グラフ表示エリアでドラッグして囲むか、各音符のハンドルをクリックしてMIDIデータの編集をおこなう範囲を選択します。
  3. 〔MIDIツール〕メニューから〔ベロシティ編集〕を選択します。
  4. 〔MIDIツール〕メニューから〔連続して値を増減〕を選択します。

【機能について】

このダイアログボックスは、ベロシティの値を、ある値から別の値へ順次に変化させることができます。例えば、〔ベロシティ編集〕を選択して、選択した範囲内の音符に対してベロシティを「10」から「90」までと指定すればスムーズなクレッシェンドを作成することができます(MIDIベロシティは、0が無音の状態を示し、127が最大音量を示します)。

  • __から___まで この2つのテキストボックスに、連続的データの値を、選択した範囲に渡って順次に変化させる始めと終わりの値を入力します。ベロシティを編集する場合は〔絶対値で指定〕か〔パーセントで指定〕(後述)を選択して、MIDIベロシティを絶対値か元の値に対する比率(%)のいずれかで2つのテキストボックスに入力します(MIDIベロシティの値は、0が無音の状態を示し、127が最大音量を示します)。最初のテキストボックスに2番目より大きな値を入力した場合は、デクレッシェンドが作成されます。また、2番目のテキストボックスに最初のものより大きな値を入力した場合は、クレッシェンドが作成されます。音価を編集している場合は、音の始まりと音の終わりの値に変化が適用されます。音の始まりとは、記譜上の音符の発音の位置と実際に音符が演奏される際の発音位置との差を意味します。
  • 絶対値で指定・パーセントで指定 選択したMIDIデータの増減を2つのテキストボックスで指定する場合、その値は、絶対値(0から127までの整数)か元の値に対するパーセントかのどちらかで指定することができます。例えば、〔絶対値で指定〕を選択してクレッシェンドを作成すると完全に滑らかなクレッシェンドが作成できますが、選択範囲内の(レコーディング時の)オリジナルのベロシティの設定は無視され、すべて新しい値に変更されます。〔パーセントで指定〕を選択した場合は、例えば、各音符の現在のベロシティ値を50%から200%までと設定しても、それぞれの音符のオリジナルのベロシティの起伏は保存されながら、クレッシェンドの効果が適用されます(これらのオプションは、〔音価編集〕を選択している場合には利用できません)。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、MIDI データの変更に関する設定内容が確定されます。〔キャンセル〕をクリックすると、変更内容は破棄されます。いずれの場合もMIDI ール ダイアログ・ボックス(または楽譜上)に戻ります。

関連トピック:

MIDIツールメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標