MIDIメッセージ送信ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔MIDI/Audio〕メニューから〔MIDIメッセージ送信〕を選択します。

【機能について】

このダイアログボックスは、MIDI機器に直接MIDIメッセージを送信する際に使用されます。キーボードのパッチ設定を変更するときや、MIDIキーボードのサステイン・ペダルやピッチ・ホイールの引っ掛かり等をリセットするときなどに使用します。これらのテキストボックスで有効な値の範囲は0から127です。

バンクとプログラム・チェンジをすぐに送信するには、プログラム・チェンジとバンク・セレクトの値を〔MIDIメッセージ送信〕ダイアログボックスに入力してください。コントローラーデータの送信方法は、比較的簡単です。〔コントローラー〕をクリックしてコントローラーを選択し、続いてコントローラーの名前(64:Sustainなど)を〔コントローラ〕リストから選択します。

  • すべてのMIDIチャンネル・MIDIチャンネル限定_ これらのオプションで、MIDIデータを送信するMIDIチャンネルを設定します。〔すべてのMIDIチャンネル〕を選択すると、Finaleは指定されたデータをすべてのMIDIチャンネルに送信します。〔MIDIチャンネル限定〕を選択すると、Finaleは指定されたデータをテキストボックスに入力されたチャンネルだけに送信します。
  • ノートオフ・ノートオン Finaleにノート・オフ(鍵盤を放す)またはノート・オン(鍵盤を押す)のメッセージを送信する時は、左側のテキストボックスに送信先のノート番号を入力していずれかのボタンをクリックしてください。(MIDIノート番号は、鍵盤の左側から右側に行くにつれて大きくなり、中央のドが60に相当します。)2番目のテキストボックスには、その鍵盤に指定する(キー・オフ・べロシティに対応しているシンセサイザーの場合は鍵盤を離す時の)キー・ベロシティの値を入力します。
  • コントローラー このボタンをクリックしてコントローラーの番号を最初のテキストボックスに入力(または希望するコントローラーをドロップダウンリストポップアップメニューから選択)します。2番目のテキ ストボックスに、コントローラーに送信したい値を入力します。
  • パッチ このボタンをクリックしてパッチ・チェンジを作成することができます。ドロップダウンリストポップアップメニューから単にプログラム・チェンジだけを作成したいか、またはバンクとプログラム・チェンジを作成したいかを選択して、続いてバンク・セレクトとプログラム・チェンジ・テキストボックスを使って、パッチ・チェンジ情報を作成します。または、希望する楽器をGeneral MIDIドロップダウンリストポップアップメニューから選択すると、バンク・セレクトとプログラム・チェンジが自動的に送信されます。
  • ピッチベンド・アフタータッチ いずれかのボタンをクリックすると、Finaleにテキストボックスで指定されたピッチ・ベンドまたはアフタータッチの値を送信させます。
  • 任意のサイズで表示 MIDIプロトコルに精通しているユーザーなら、このボタンとテキストボックスを使用して他のMIDIデータ(システム・エクスクルーシブ・データなど)を送信することができます。最初のテキストボックスにはステータス・バイトの第1バイト目を入力します。後の2つのテキストボックスの項目はステータス・バイトによって働きが異なります。
  • 完了・送信 〔送信〕をクリックすると指定したデータを送信します。〔完了〕をクリックするダイアログボックスを終了します。

関連トピック:

MIDI/Audioメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標