定規とグリッド ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 図形作成ウィンドウを開きます。
  2. 〔図形作成〕から〔定規とグリッド〕を選択します。

【機能について】

このコマンドを使用して、〔図形作成〕ダイアログボックスで図形を作成中に使用したい計測単位を設定します。また、〔図形作成〕メニューの〔表示〕サブメニューで〔グリッド〕を選択時に表示されるグリッドの間隔を指定します。

描画エリアの背景にグリッドが表示されていると、直線を簡単に作成したり、編集中の図形のサイズ調整に利用することができます。グリッドは画面上だけに表示され、印刷物には表示されません。

  • インチ・センチメートル・パイカ・ポイント・EVPU・8分音符  定規やグリッド(および〔横〕と〔縦〕の各テキストボックスで示されるカーソルの現在位置の座標)で使用したい計測単位を選択します。(〔8分音符〕は、おもにプレイバック効果用のMIDI反映図形の作成時に使用します。)
  • グリッドポイント間隔_  グリッドを表示した時に使用したいグリッドポイント間隔を入力します。

    MIDI反映図形を作成している場合は、上下方向のグリッド線は物理的な計測単位を意味しません。その代わり、MIDI反映図形が上下方向のグリッドを1つ超えるたびに、新しいプレイバック値が生成され、プレイバック変数の値(1拍/分、MIDIベロシティの1単位など)が増減します。

  • OK・キャンセル  〔OK〕またはEnterキーを押して指定した定規とグリッドの設定を確定するか、〔キャンセル〕をクリックして設定を無効にして、〔図形作成〕ダイアログボックスに戻ります。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標