検索&置き換え

テキストの検索および置き換えについては、文字列の検索/置換ダイアログボックスをご参照ください。

Finaleでは、楽譜中のすべての音符の中から、同じ音程を持つ音符、同じ音程と同じ特定のリズムを持つもの、または同じモチーフを検索して、いくつかの方法でそれらを変更することができます。例えば、すべてのGを異名同音のFへ変更したり、または繰り返されるテーマのなかの2音のみを変更することなどができます。

音符またはモチーフの変更(検索&置き換え)

  1. 音符移動ツールiconを選択します。変更したい音符が最初に現れる小節をクリックします。それぞれの符頭に対してハンドルが表示されます。
  2. 変更する音符を選択します。音符を選択するにはそのハンドルをクリックするか、Shiftキーを押しながらクリックして音符を追加選択するか、Shiftキーを押しながら追加の音符のグループをドラッグして囲んで選択してください。同じ小節内であれば隣り合っていない音符でも選択することができます。
  3. 〔音符移動〕メニューから〔検索&置き換え〕を選択します。〔検索&置き換え〕ダイアログボックスが表示され、検索&置き換えの対象となる音符を設定することができます。選択された音符をそのオクターブ内だけで検索をする場合は、〔同一音程を検索〕をクリックします。選択された音符をあらゆるオクターブにおいて検索する場合は、〔全オクターブを検索〕をクリックします。さらに、検索対象を同じリズムの値を持つフレーズだけに限定する場合、〔同一リズム&全オクターブを検索〕(すべてのオクターブの、同じ長さの音符を検索します)または〔同一リズム&同一音程を検索〕(同じオクターブ中にある同じ長さの音符を検索します)を選択してください。

    これらのオプションに加えて、Finaleは選択された音符のスケール内での度数を考慮します。例えば、ハ長調に存在するC音を検索すると、Finaleはへ長調に存在するC音を検索しません。代わりに、ヘ長調のF音を検索します。

  4. 〔OK〕をクリックします。どのように移調するかを尋ねる〔置き換え方法の選択〕ダイアログボックスが表示されます。選択したモチーフの中のそれぞれの音符に異なった移調を指定することができ、結果的に選択されたモチーフを完全に書き換えることもできます。
  5. 〔移調〕をクリックすると、選択された音符に対しての移調のオプションを指定することができます(または〔異名同音〕をクリックしてその音符を異名同音に変更します。〔移調〕ダイアログボックスが表示され、音符に対して適用したい正確な移調を指定することができます。ポップアップ メニューから移調の度合いを選択して、〔OK〕をクリックします。

    複数の音符を選択している場合は、〔すべてに適用〕をクリックすると、すべて音符に同じ移調設定を適用することができます。

  6. 複数の音符が選択されていて、それぞれの音符に異なる移調設定を適用したい場合は、〔次へ〕をクリックします。〔置き換え方法の選択〕の数字が進みます。(「スロット」とは選択されたモチーフの中のそれぞれの音符を意味します。Finaleはスロットの番号を、和音の中では下から順番に番号を付け、小節の中では左から順番に番号を付けます。)同じ要領でそれぞれの音符に対する移調オプションを設定してください。〔戻る〕か〔次へ〕をクリックして、必要な音符(スロット)すべてに対して移調オプションを設定してください。
  7. 〔OK〕をクリックします(またはRETURNを押します)。〔検索〕メニューが新たに表示されます。〔検索〕を選択すると、選択された音符またはモチーフの条件に合致する、次の音符またはモチーフを検索します。〔置き換え〕を選択すると、設定された移調の指定によって検索により見つかった音符を変更します。〔置き換え後に検索〕を選択すると、現在の音符を変更して次の音符またはモチーフを検索します。〔すべてを置き換え〕を選択すると、ファイル上のすべてのパート、小節、音符の中から、検索対象と一致したすべての音符またはモチーフを変更します。
  8. 〔検索〕メニューからコマンドを選択します。〔すべてを置き換え〕コマンドを実行すると、作業が完了するのに多少時間が掛かる場合があります。
  9. 〔検索〕メニューから〔検索終了〕を選択します。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標