パーカッション・レイアウト設計ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔ウィンドウ〕メニューから〔スコア・マネージャー〕を選択して、楽器リストで楽器を選択します。
  2. 〔記譜スタイル〕ポップアップ メニューから〔パーカッション〕を選択します。
  3. 〔設定〕をクリックします。〔パーカッション・レイアウトの選択〕ダイアログボックスが表示されます。
  4. 〔編集〕または〔作成〕をクリックします。

【機能について】

このダイアログボックスはパーカッション表記に使用されるパーカッション・レイアウトの作成や編集に使用されます。作成/編集したそれぞれの音符には、それぞれ独立した符頭(ハイハット、バスドラム、スネアドラムなど)を設定でき、五線上の指定された位置に配置されます。Finaleは五線上の音符に対して自動的にこれらの設定を適用するようになります。例えば、ハイハット記号の場合には自動的に五線の第5線の上に×型の符頭を配置するようになります。このダイアログボックスでパーカッション・レイアウトを定義したあとで音符を入力すると、五線の第5線の上にオープンもしくはクローズの×型の符頭として配置されます。

セットアップ・ウィザードから新規ファイルを作成した場合、パーカッションパートの五線にはパーカッション・レイアウトが自動で定義されるので、パーカッションパートの設定が簡単にできます。定義済みのパーカッション・レイアウトをそのまま使用することもできますが、変更を加えて独自のレイアウトにすることも可能です。

  • レイアウト名 パーカッション・レイアウトの名前を入力します。このレイアウトは、どの五線でも使用できます。
  • 編集中の五線・編集中のパーカッションMIDIマップ・新規 現在パーカッション・レイアウトを編集中の五線と、その五線に割り当てられているパーカッションMIDIマップが表示されています。同じ五線の別のレイヤーに別の音色が設定されている場合は、スコア・マネージャーで選択しているレイヤーもここに表示されます。〔五線〕ツールのコンテクストメニューから〔パーカッション・マップの選択〕を選択してこのダイアログボックスを表示した場合には、つねにレイヤー1が表示されます。〔新規〕をクリックすると〔パーカッションMIDIマップの編集〕ダイアログボックスが開き、パーカッションMIDIマップの編集と作成ができます。〔パーカッションMIDIマップの編集〕ダイアログボックスで〔OK〕をクリックすると、作成/編集したパーカッションMIDIマップが現在の五線に割り当てられます。
  • レイアウト内の楽器タイプが現在のパーカッションMIDIマップに存在しない場合、プレイバック用に「親」の楽器タイプが割り当てられます(カッコ付きのMIDIノート番号で表示)。例えば、「内蔵GM」を使用している五線にSnare Rim Shotを追加した場合は、「内蔵GM」マップのスネアドラムである「(38)」がMIDIノート番号欄に表示されます。プレイバック用の適切な親の楽器タイプが見つからない場合は、MIDIノート番号欄に「--」と表示されます。

  • 楽器タイプ・符頭・MIDIノート 現在編集中のパーカッション・レイアウトに定義されている楽器タイプ(現在のパーカッションMIDIマップをもとに割り当てられたMIDIノート番号を含む)の一覧が表示されています。音符の定義を編集するには、リストから楽器タイプを選択して、右の欄で設定を変更します。新しい楽器タイプを追加するには、左下の〔+〕(プラス)ボタンをクリックします。リストから楽器タイプを削除するには、選択してから〔-〕(マイナス)ボタンをクリックします。項目を選択して上下の矢印ボタンをクリックすると、リスト内で上下に移動します。
  • 楽器タイプ:スネアドラム ... カスタム・次に含まれる楽器タイプのみ表示[パーカッションMIDIマップ]・すべて追加 このポップアップ メニューとサブメニューからパーカッション楽器を選択します(スネアドラム、バスドラム、シンバルなど)。初期状態では、〔次に含まれる楽器タイプのみ表示〕が選択され、現在のパーカッションMIDIマップに含まれる楽器タイプのみリストに表示されています。このボックスのチェックを外すと、新規に定義するカスタムの楽器タイプを含め、使用可能な楽器タイプの全リストが表示されます。〔すべて追加〕ボタンをクリックすれば、現在のパーカッションMIDIマップのリストに含まれているすべての楽器タイプが追加されます。イタリック体で表示された楽器タイプは、現在のパーカッションMIDIマップに存在しないことを表します。
  • 五線上の位置 このテキストボックスは、五線の下第1線(下の最初の加線)から計測した、符頭が配置される位置(線上、線間)を表すものです。プラスの数値は符頭を基準線より上に、マイナスのときには下に配置するようになります。音符の位置を変更するには、ここに新しい数値を入れるか、符頭表示エリア内でハンドルをドラッグしてください。
  • [符頭表示領域] ハンドルをドラッグして符頭を上下させます。オープン用(白玉)の符頭とクローズ用(黒玉)の符頭は同じ線上または線間に配置されます。ドラッグに応じて〔五線上の位置〕の値が更新されます。上にドラッグすると数値が上がり、下にドラッグすると下がります。変更に応じて、左のリストボックスも表示が更新されます。
  • 黒玉符頭・2分音符符頭・全音符符頭・倍全音符符頭・選択 ボックスに、符頭に使用したいキャラクタを入力してください。または、〔選択〕ボタンをクリックしてキャラクタを選択してください。Finaleではそれぞれのパーカッション楽器に対して、黒玉の符頭と白玉の符頭をサポートしています。使用される符頭は音価により左右されます。黒玉の符頭は4分音符以下に対して、白玉の符頭は2分音符に対して使用されます。デフォルトでは、それぞれ標準的な4分音符と2分音符の符頭が設定されています。リストボックスは選択を反映して変更されます。
  • OK・キャンセル 変更を確定するには〔OK〕、変更を無効にするには〔キャンセル〕をクリックします。〔パーカッション・レイアウトの選択〕ダイアログボックスに戻ります。

関連トピック:

パーカッション

パーカッション・レイアウトの選択ダイアログボックス

スコア・マネージャー

五線ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks