発想記号メニュー

【このメニューを表示するには】

発想記号ツールiconを選択します。メニューバーに〔発想記号〕メニューが表示されます。

【機能について】

〔発想記号〕メニューには、発想記号を調整、操作するためのオプションがいくつか用意されています。

  • 五線上部ベースラインの調整・五線下部ベースラインの調整 〔発想記号設計〕ダイアログボックスの〔垂直位置〕ポップアップ メニューにある〔五線上部ベースライン〕に設定した発想記号のベースラインを調整するには、〔五線上部ベースラインの調整〕を選択します。〔発想記号設計〕ダイアログボックスの〔垂直位置〕ポップアップ メニューにある〔五線下部ベースライン〕に設定した発想記号のベースラインを調整するには、〔五線下部ベースラインの調整〕を選択します。

    選択を解除すると、左手に表示されていた位置調整用の三角形が非表示になります。〔垂直位置〕ポップアップ メニューは、〔発想記号の設計〕ダイアログボックスの〔配置〕タブにあります。

  • 編集中のレイヤーのみに割り付け 発想記号はどのレイヤーにも割り付けできますが、このコマンドを選択した場合、同じ小節に複数のレイヤーが存在するとき、現在編集中のレイヤーにだけ割り付けするように指定したことになります。対象小節の現在編集中のレイヤーに音符があれば、そのレイヤーにだけ発想記号が割り付けられます。このコマンドを選択した場合、状況によって次のように処理されます。
    • 対象小節にレイヤーが1つしかなければ、発想記号は自動的にそのレイヤーに割り付けられます。
    • 対象小節に音符が1つもなければ、発想記号はすべてのレイヤーに割り付けられます。
    • 対象小節に複数のレイヤーがあっても、どのレイヤーも現在編集中のレイヤーでなければ、発想記号はすべてのレイヤーに割り付けられます。
    • 対象小節に複数のレイヤーがあり、〔編集中のレイヤーのみに割り付け〕を選択していなければ、発想記号はすべてのレイヤーに割り付けられます。
    • 小節線に配置した発想記号は、すべてのレイヤーに割り付けられます。
  • 発想記号を上の五線にコピー・発想記号を下の五線にコピー・発想記号を最上段までコピー・発想記号を最下段までコピー 〔発想記号を上の五線にコピー〕を選択すると、現在選択している発想記号が真上の五線にコピーされます。〔発想記号を下の五線にコピー〕を選択すると、現在選択している発想記号が真下の五線にコピーされます。〔発想記号を最上段までコピー〕を選択すると、現在選択している発想記号が、真上の五線から組段の最上段までのすべての五線にコピーされます。〔発想記号を最下段までコピー〕を選択すると、現在選択している発想記号が、真下の五線から組段の最下段までのすべての五線にコピーされます。

    このコマンドは、カテゴリ用表示セットを使用しない発想記号(強弱記号、発想標語、演奏指示)でのみ有効です。カテゴリ用表示セットを使用する発想記号(速度標語、速度変化、リハーサルマーク)を別の五線にも表示するには、〔発想記号カテゴリの設計〕ダイアログボックスの〔カテゴリ用表示セット〕オプションを使います。発想記号カテゴリの設計ダイアログボックスをご参照ください。

  • リハーサルマークの振り直し 自動配列をオンにしたハーサルマークを選択して〔発想記号〕メニューからこのコマンドを選択すると、〔リハーサルマークの振り直し〕ダイアログボックスが開き、開始番号を変更できます。「リハーサルマークを楽譜に追加するには」をご参照ください。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標