五線別に割り付けダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 発想記号ツールiconを選択します。小節をダブルクリックするか、発想記号が作成されていれば発想記号をダブルクリックして、〔発想記号の選択〕ダイアログボックスを表示しますこのダイアログボックスはマクロ機能を定義する時にも表示されます。その場合はShiftキーを押しながら任意の英数字キーを押してください。
  2. 左のカテゴリリストから、〔速度標語〕、〔速度変化〕、〔リハーサルマーク〕以外のカテゴリを選択します。
  3. 〔配置〕ボタンの隣にあるポップアップ メニューをクリックして、〔五線別に割り付け〕を選択します。または、楽譜上で発想記号を右クリックまたはCONTROL+クリックして、〔五線別に割り付け〕を選択します。

発想記号カテゴリの〔速度標語〕、〔速度変化〕、〔リハーサルマーク〕については、カテゴリ用表示セット楽譜全体を対象にする発想記号(速度標語、速度変化、リハーサルマークなど)に適用されるリストです。〔発想記号カテゴリの設計〕ダイアログボックスの〔カテゴリ用表示セット〕というオプションを使って、どの五線に発想記号を表示するかを指定します。で指定した五線に発想記号が表示されます。発想記号カテゴリの設計ダイアログボックスをご参照ください。

【機能について】

〔五線別に割り付け〕ダイアログボックスでは、「割り付けリスト」を作成して、発想記号の割り付け先の五線を指定します。新規割り付けリストを作成すると、〔発想記号の選択〕ダイアログボックスの〔配置〕メニューにリスト名が追加されます。割り付けリストは、個々の五線に配置する発想記号(強弱記号など)でのみ使用できます。割り付けリストを使って配置した発想記号は、個別に追加された記号として扱われるので、その後も個別に移動や編集ができます。

割り付けリストはファイル別に作成され、個々のFinaleファイルに保存されます。

「カテゴリ用表示セット」が設定された発想記号のみ、マスターの発想記号を持っています。

  • 編集対象・[新規割り付けリストテキストボックス] このポップアップ メニューから割り付けリストを選択します。新しい割り付けリストを追加するには、〔新規〕をクリックして、下のテキストボックスに名前を入力します。
  • [五線リスト] 楽譜にある各五線の名前が表示されています。発想記号の割り付け先の五線を指定するには、ボックスにチェックを付けます。
  • 追加・削除 〔新規〕をクリックすると、現在の設定と割り付けリスト名が割り付けリストに追加されます。〔削除〕をクリックすると、現在編集中のリストが割り付けリストから削除されます。
  • OK・キャンセル 〔キャンセル〕をクリックすると、設定内容を破棄して〔発想記号の選択〕ダイアログボックスに戻ります。〔OK〕をクリックすると、設定内容に従って、指定した五線に発想記号が割り付けされます。

関連トピック:

発想記号

発想記号の割り付けダイアログボックス

発想記号の選択ダイアログボックス

反復小節線の機能設定ダイアログボックス

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標