パーカッション楽器タイプのコンバートダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔書類〕メニューの〔データ・チェック〕から〔パーカッション楽器タイプのコンバート〕を選択します。

【機能について】

Finale 2009以前で作成したファイルをFinale 2010にインポートして変換するとき、General MIDIマップにもとづくMIDIノート情報を使って楽器タイプ「楽器タイプ」は、パーカッションパートの記譜で楽器とMIDIノート番号や符頭を対応付けるときに使われる語です。楽器タイプとMIDIノート番号の対応を確認、編集するには、〔パーカッションMIDIマップ編集〕ダイアログボックスを使います。楽器タイプの符頭と五線上の位置を編集するには、〔パーカッション・レイアウト設計〕ダイアログボックスを使います。が決定します。変換後のパーカッション・レイアウトに割り当てられた楽器タイプが目的の音色と異なる場合は、このダイアログボックスを使って別のMIDIマップを適用することができます。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標