小節ツール

〔小節〕ツールを使用すると、小節番号の定義や編集、スペースの調整ができます(小節の追加や削除は〔編集〕メニューで実行します)。

小節番号は〔五線の属性〕ダイアログボックスで小節番号を表示するように設定されている五線にのみ表示されます。

また、このツールを使用することにより、楽譜上の複数の範囲に小節番号を割り付けるができます。番号に限らず、アルファベットとして表示させることもできます。例えば、曲の導入部の数小節にはA、B、C、D、それ以降の小節には1、2、3というように表示することができます。〔小節〕メニューの〔小節番号〕サブメニューから〔範囲の編集〕を選択すると〔小節番号〕ダイアログボックスが表示され、フォント、位置の指定、囲み図形、小節番号の表示頻度などを設定することができます。詳しくは小節番号をご参照ください。

このツールをクリックするとすべての小節線にハンドルが表示されます。小節線ハンドルをドラッグすると、小節の幅を伸縮することができます。ハンドルあるいは小節自体をダブルクリックすると、小節線の種類や調号などの表示の有無などが設定ができる〔小節の属性〕ダイアログボックスが表示されます。詳しくは小節の属性ダイアログボックスをご参照ください。

その小節にスペーシング・コマンドが適用されている場合、小節線には2つのハンドルが表示されます。下のハンドルをクリックすることにより、Finaleは拍図表(一度にすべての五線の音符の拍位置を調整できるハンドルのセット)を小節の上に表示します。詳しくは拍の位置をご参照ください。

〔小節の属性〕ダイアログボックスで〔小節の途中での改行を可能にする〕を選択した場合、小節の右側の小節線に3つのハンドルが表示されます。一番下のハンドルをクリックすると特別な長方形が表示され、小節の分割ポイント(小節が長すぎるとFinaleが判断した場合にそこで分割できるようにするポイント)を指定することができます。

効率よく作業するには:

関連トピック:

メイン・ツール・パレット

小節メニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks