オーディオ設定ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔MIDI/Audio〕メニューの〔デバイスのセットアップ〕から〔オーディオ設定〕を選択します。

【機能について】

Finaleをバージョンアップする場合、オーディオセットアップの設定は新バージョンにコピーされません。

このダイアログボックスでは、オーディオ録音とマイク採譜のオーディオ出力デバイスのオプションを設定します。

  • マイク音源 このポップアップ メニューから、オーディオトラックを録音するための入力ソースを選択します。
  • マイクレベル・入力メーター マイクを接続すると、〔入力メーター〕にFinaleが現在認識している音量がカラーの棒グラフで表示されます。〔マイクレベル〕のスライダーを使って、インジケーターが最大でも「赤」のゾーンを越えないように調整してください。マイクの入力レベルが大きすぎると、音が歪んで録音のクオリティが下がることになります。
  • オーディオ入力のレイテンシー このボックスに値を入力すると、リアルタイム入力で録音するときにFinale側のオーディオ情報の変換を遅らせることができます。マイクからコンピュータにオーディオ情報が届くまでに短時間の遅れが発生することがありますが、ここでレイテンシーの値を設定することにより、この遅れを補正できます。
  • 出力:出力デバイス 〔出力デバイス〕ポップアップ メニューから、Finaleから出力されるサウンドの再生に使用するデバイスを選択します。
  • サンプルレート (Hz) 選択したオーディオデバイスに応じて、使用可能なサンプルレートがあらかじめポップアップ メニューに表示されています。
  • バッファ・サイズ このポップアップ メニューからバッファサンプル数を選択します。値が小さいほどレイテンシーが減りますが、演奏にむらが生じる可能性があります。値が大きいほど演奏のむらはなくなりますが、レイテンシーが長くなります。
  • オーディオ・チェック このボタンをクリックすると、選択した出力デバイスに発信音が送信され、出力デバイスが正しく動作しているかを確認できます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、設定を確定して楽譜上に戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると、設定を無効にして楽譜上に戻ります。

関連トピック:

オーディオ

MIDI/Audioメニュー

高速ステップ入力ツール

リアルタイム入力ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks