パーカッション・レイアウトの選択ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔ウィンドウ〕メニューから〔スコア・マネージャー〕を選択して、楽器リストで楽器を選択します。
  2. 〔記譜スタイル〕ポップアップ メニューから〔パーカッション〕を選択します。

【機能について】

このダイアログボックスには、パーカッション・レイアウトのリストが表示されています。Finaleのデフォルトパーカッション・レイアウト(Finaleのパーカッション・ライブラリ内に保存されています)のほか、独自に作成または編集したパーカッション・レイアウトが一覧表示されます。このダイアログボックスを使って編集、作成、複製(どの五線にも使用可能です)を実行し、対象五線に適用するマップを選択します。

ひとつもしくは複数のパーカッション・レイアウトを含んだパーカッション・ライブラリを読み込むには〔ファイル〕メニューの〔ライブラリを開く〕を選択し希望するライブラリを開いてください。パーカッションライブラリを保存するには、〔ファイル〕メニューの〔ライブラリを保存〕を選択します。Finaleは〔パーカッション・レイアウトの選択〕ダイアログボックス内のすべてのレイアウトをひとつのライブラリへ保存します。

  • 編集 リスト内のパーカッション・レイアウトを選択して〔編集〕をクリックすると〔パーカッション・レイアウト設計〕ダイアログボックスが開き、音符の定義や選択ができます。

    パーカッション・レイアウトへの変更は、指定したレイアウトを使用しているすべての五線に適用されます。

  • 作成 新しいマップを作成する場合は〔作成〕をクリックしてください。〔パーカッション・レイアウト設計〕ダイアログボックスが開き、音符の定義や選択ができます。

    新規作成するよりも、Finaleのデフォルト・パーカッション・ライブラリ内の既成のレイアウトを編集する方が簡単です。

  • 複製 選択したパーカッション・レイアウトのコピーを作成するには、このボタンをクリックします。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、その最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、OPTION+クリックしてください。
  • 削除 選択したパーカッション・レイアウトをリストから削除するには、〔削除〕をクリックします。編集中の五線または他の五線でこのレイアウトが選択されているときには、削除する前にそ代わりのパーカッション・レイアウトを選択する必要があります。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、その最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、COMMAND+クリックしてください。
  • 上へ移動・下へ移動 リスト上で項目を選択してから〔上へ移動〕または〔下へ移動〕をクリックすると、選択した項目がリスト内で上下に移動します。複数の項目を選択することも可能です。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、COMMAND+クリックしてください。
  • 図形:選択 編集中の五線で使用するパーカッション・レイアウトを選択したあと、〔選択〕をクリックしてダイアログボックスを閉じます。別のレイアウトを選択するか、標準の記譜スタイルにリセットするか、またはスコア・マネージャーの〔記譜スタイル〕ポップアップ メニューから他のオプションを選択しない限り、選択したパーカッション・レイアウトが使われます。
  • キャンセル 編集中の五線に使用するパーカッション・レイアウトを変更しない場合は、〔キャンセル〕をクリックします。ダイアログボックスを表示した時に選択されていたパーカッション・レイアウトはそのまま保存されます。〔編集〕、〔作成〕、〔削除〕を使用した他のすべての編集も保存されます。

関連トピック:

パーカッション

スコア・マネージャー

五線ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標