パーカッション入力マップ ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔MIDI/Audio〕メニューの〔デバイスのセットアップ〕から〔MIDI/内蔵スピーカーのセットアップ〕を選択します。
  2. 〔パーカッション入力マップ〕をクリックします。

【機能について】

MIDIデバイスには様々な種類があります(Finaleのソフトシンセ、TapSpace Drumlineや、MIDIキーボードをはじめとする外部MIDIデバイスなど)。MIDIデバイスに搭載されている打楽器のパッチ(サウンドバンク)も多種多様で、それぞれ独自のパーカッションマップを持っています。個々のパッチに対して、パーカッション楽器名とMIDIノートが対応付けされています。同じ楽器でも、パッチが異なればMIDIノートも異なる場合もあります。例えば、あるパッチではバスドラム音にMIDIノートC2が割り当てられ、別のパッチ(または別の外部MIDIデバイス)ではF2が割り当てられていることがあります。ピッチなしパーカッションを入力するときは、このダイアログボックスを開き、使用するデバイスのMIDI入力マップとパッチを選択してください(外部MIDIデバイスから入力するとき、Finale側で解釈しているMIDIピッチを実際に鳴らして確認するには、〔MIDI/Audio〕メニューの〔デバイスのセットアップ〕から〔MIDIスルー〕を選択してください)。

  • Finaleのチャンネル番号 〔MIDIセットアップ〕ダイアログボックスのMIDI入力用のチャンネルバンクを表します。
  • パーカッションMIDIマップ このポップアップ メニューから、入力に使用するデバイスとパッチを選択します。ここで正しく選択することにより、パーカッションパートのMIDI入力が適切に設定されます。初期値は〔出力マップに合わせる〕です。初期値のままにした場合、スコア・マネージャーでプレイバック用に選択したパーカッションMIDIマップが使われます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、ダイアログボックスの設定を確定して楽譜上に戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると、変更を無効にして楽譜上に戻ります。

楽器名に対応するMIDIノートナンバーを独自に定義することもできます。パーカッションMIDIマップの編集ダイアログボックスをご参照ください。

旧バージョンのFinaleで作成した楽譜ファイルを変換した場合、パーカッション・レイアウトに割り当てられた楽器タイプの音が想定した楽器音と異なるときは、〔パーカッション楽器タイプのコンバート〕ダイアログボックスを開き、別のパーカッションMIDIマップで再変換してください。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標