タイの調整ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 道具箱ツールを選択します。
  2. 〔タイ〕ツールを選択して、小節をクリックします。小節中のそれぞれのタイに3つのハンドルが表示されます。
  3. 編集したいタイの両端のどちらかのハンドルをダブルクリックします。

【機能について】

〔タイの調整〕ダイアログボックスを使って楽譜上の個別のタイの外観と配置を変更することができます。〔ファイル別オプション-タイ〕ダイアログボックス〔タイの形〕ダイアログボックスでの全体的なタイの設定を、この〔タイの調整〕ダイアログボックスでの設定で上書きすることができます。ファイル中のすべてのタイを全体的に編集する場合は、〔書類〕メニューから〔ファイル別オプション〕を選択し、〔タイ〕を選択します。

注:タイについては、楽譜上で個別のタイのハンドルをドラッグしてそれらの配置や形を変更したり、またはCtrlキーを押しながらFキーを押してタイを反転させることもできます。楽譜上でタイについたハンドルをドラッグすると、このダイアログボックス内のそれぞれの値も自動的に更新されます。

  • タイの位置:始点・横・縦:終点・横・縦  始点の〔横〕のボックスに数値を入力して、タイで結ばれた最初の音符の内側からのタイの横方向の距離を指定します。大きい値を入力するとタイを右側に移動させ、音符から離します。小さい値はタイを左側に移動させ、音符に近付けます。
    • 始点の〔縦〕のボックスに数値を入力して、タイの左端からタイで結ばれた最初の音符までの縦の距離を指定します。大きい値を入力するとタイを上に移動させ、小さい値はタイを下に移動させます。
    • 終点の〔横〕のボックスに数値を入力して、タイで結ばれた2番目の音符の内側からのタイの横方向の距離を指定します。小さい値はタイを左に動かし、音符から離します。大きい値はタイを右側に移動させ、音符に近付けます。
    • 終点の〔縦〕のボックスに数値を入力して、タイの右端からタイで結ばれた2番目の音符までの縦の距離を指定します。大きい値を入力するとタイを上に移動させ、小さい値はタイを下に移動させます。
  • タイの形:弧の高さ・左・右  〔弧の高さ〕とはタイの実際の高さでは無く、左と右のコントロール・ポイント(Finaleが使用するタイの弧の上の便宜上のポイント)で、水平位置の設定と共に弧の高さとカーブを計算するのに使われます。タイが描かれる時、弧はこのコントロール・ポイントに向かって描画されますが、実際にここで入力された値に到達することはありません。〔弧の高さ〕のテキストボックスに数値を入力して、タイの左右のコントロール・ポイントの高さを設定してください。大きい値は弧の高さを高くします。小さい値は弧の高さを低くします。
  • タイの形:湾曲度・左・右 %  〔湾曲度〕は、タイの端の湾曲具合を決定します。左と右の〔湾曲度〕テキストボックスに値を入力して、それぞれの左右両端での“曲がり方”の量を設定します。湾曲ポイントの位置はタイの長さに比例します。小さい値を入力するとタイをより曲げて、カーブを鋭くします。大きい値を入力するとタイをあまり曲げずに、平らに近付けます。

    〔タイの形〕ダイアログボックスでの〔湾曲方式〕が〔固定〕になっている場合、〔湾曲固定〕の値を〔湾曲度〕テキストボックスに入力してください。3種類の長さすべてに固定した湾曲度が適用されます。タイの両端はその長さに関係無くつねにこの量で曲げられます。小さい値を入力するとタイをより曲げて、カーブを鋭くします。大きい値を入力するとタイをあまり曲げずに、平らに近付けます。

  • タイの方向:自動・上向き・下向き  タイの方向を下向きもしくは上向きに固定、またはFinaleに〔タイ設定〕ダイアログボックスでの設定に基づいて方向を自動的に決定させることができます。ただし、楽譜上でハンドルを選択してCtrlキーを押しながらFキーを押すと、この〔タイの調整〕ダイアログボックスを経由せずにタイをひっくり返すことができます。
  • 拍子記号による分断:デフォルト・オン・オフ  ポップアップ メニューからオプションを選択して、拍子記号が変わった箇所でタイが分断または継続するかを指定します。〔デフォルト〕が通常の設定です。〔デフォルト〕が選択されている場合、〔ファイル別オプション-タイ〕ダイアログボックスで設定されている全体的な設定が適用されます。〔オン〕を選択すると全体的な設定に関係無く、つねに拍子記号が変わる箇所でタイを一度分断して、またすぐに再表示させます。〔オフ〕を選択するとタイを分断せずに拍子記号に重なるように継続して描きます。
  • 調号による分断:デフォルト・オン・オフ  ポップアップ メニューからオプションを選択して、調号が変わった箇所でタイが分断または継続するかを指定します。〔デフォルト〕が通常の設定です。〔デフォルト〕が選択されている場合、〔ファイル別オプション〕ダイアログボックスの〔タイ〕の欄で設定されている内容に基づいて分断するかどうかを判断します。〔オン〕を選択すると全体的な設定に関係なく、つねに調号が変わる箇所でタイを一度分断して、またすぐに再表示させます。〔オフ〕を選択するとタイを分断せずに調号に重なるように継続して描きます。
  • 外側配置:デフォルト・オン・オフ  ポップアップ メニューからオプションを選択して、タイが外側配置の設定を使用するかどうかを指定します(和音の内側のタイの場合、内側の配置設定が使われます)。〔オン〕を選択すると外側の配置を含むタイに対して別の設定を使用できます。〔オフ〕を選択するとすべてのタイに対して内側の配置設定を使用します。
  • 五線との衝突を避ける  このチェックボックスが選択されていると、〔五線との衝突を避ける〕オプションが適用されます。チェックされていない場合は、タイの弧の頂点が五線の線を避けません。
  • 計測単位:EVPU・インチ・センチメートル・ポイント・パイカ・スペース  現在の計測単位と違った単位を使用して選択されたタイを調整する場合は、ポップアップ メニューから選択してください。
  • OK・リセット・キャンセル  〔OK〕をクリックすると、新しい設定が保存されます。〔リセット〕をクリックすると設定が元に戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると、設定を保存せずにダイアログボックスを閉じます。

関連トピック:

タイ

書類メニュー

道具箱ツール

ファイル別オプション-タイ

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks