音符移動ツール

このツールを使用すると、小節内の音符を他の小節または他の五線へ移動させることができます。例えば、五線をまたいだ音符などを作成できます。また、〔リアルタイム入力〕で両手での演奏を採譜した後で、音符を上の五線から下の五線へ移動することにより分割ポイントのエラーを修正することができます。小節中のいくつかの音符を水平方向に一度に移動させることもできます。例えば、特定のフレーズを次の小節にコピーすることができます。五線をまたいだ音符リアルタイム入力でのレコーディングもご参照ください。

〔音符移動〕ツールでの作業は、どのモードを使用していても基本的には同じです。小節をクリックすると、すべての符頭に対してハンドル楽譜上で選択可能な項目に表示される、小さな四角形です。ハンドルを使って楽譜要素の選択、編集、調整ができます。が表示されます。移動またはコピーしたい音符のハンドルを選択し、〔音符移動〕メニューから使用したい作業モードを選択してから、選択されたいずれかのハンドルを目的の小節の中までドラッグします。

このツールをクリックすると〔音符移動〕メニューが現れ、選択された小節中の音符を他の小節に動かすのに必要なコマンドが含まれています。〔音符移動〕メニューの上から7つ目までの項目は、選択された音符を元の小節から、新しい場所へ(“目的”の小節へ)ドラッグされた時にどのような作業をおこなうかを決定します。これらの項目から1つを選択すると、メニューの項目名の横にチェックマークが表示されますが、その時点では画面上ではなにも起りません。つまり、選択された音符を目的の小節にドラッグする前に、Finaleに実行させたい作業を選択しておく必要があるということです。〔音符移動〕ツールでは〔検索&置き換え〕機能も使用でき、特定の音符または音符のグループが出てくる箇所を検索でき、それらを一貫した方法で変更することができます。詳しくは検索&置き換えをご参照ください。

〔音符移動〕を使うと、音符または複数の音符の集まりを、同じ小節の中にコピーできることを覚えておいてください。音符をそれが存在する小節の最後にドラッグした場合、既存の音符の一番後ろにコピーされます。音符をそれが存在する小節の途中または最初にドラッグした場合、その小節の最初にコピーされます。これらの作業は、現在選択されている〔音符移動〕メニューコマンドに関係なくおこなうことができます。ただし、(現在の拍子に基づいて)小節が完全にいっぱいでない時にだけこの方法で音符のコピーができることを覚えておいてください。小節に拍子記号の拍数いっぱいの音符がすでに入力されている場合、同じ小節中に音符をドラッグしても何も起こりません。〔音符移動〕メニューのコピー・モード(〔コピー&置き換え〕、〔コピー&融合〕など)はプログラムの環境設定とともに保存されます。

効率よく作業するには:

関連トピック:

メイン・ツール・パレット

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks